2013/02/06

RADIKOで録音してるもの。

いくつか録音ツールが出ていて俺はこれ使わせてもらってる。

つくったもの公開所
つくったもの公開所: Radika

俺は録音しても一度聴いたら消してしまう。残しておいたとしても数週間で削除する(よほどお気に入りのもの以外は)。アーカイヴしていつでも聴ける状態にしておく癖がない。前は保存していたけれど、じゃあその保存した番組を何度も聴き直すのかといえば、そんなことほぼ無かった。

中学生くらいの時は「深夜の馬鹿力」を120分のカセットテープ(カセットテープ!!)に録音して何度も聴いていた。よほどヒマだったのだろう。その何度も聴き直す習慣はいつの間にか消えていったものの、ラジオを聴く習慣だけが残った。コサキンもよく聴いていた。間違いなくヒマだったんだな。

鮮度至上主義というわけでもないけれど、時間帯などで録音でもしないと聴き逃すことも多い。そこで冷凍保存する。それを一度聴いたら解凍したことと同じで、もうそこで食べきった方がいい。そういう感覚。

・・・・

◆俺がよく聴いているものリスト

・JUNK 伊集院光・深夜の馬鹿力
 なんかもうこれは聴いておかないといけないみたいな強迫観念すらある。この人がラジオで喋っている限り俺は聴き続けるのだろうとぼんやり思う。俺みたいな人は多いだろう。

・Wanted!!
 これは水道橋博士さんと加藤浩次さんの曜日は聴くようにしてる。野球中継がない時期だけの放送らしい。ということはまだ始まったばかりでもうすぐ終わる。タイトルがWanted!!だからイギリスのWANTEDってグループの曲がタイトル曲になってる。「WANTEDで曲検索したらピンクレディーより先にこれが出てきたから」みたいなどうしようもない安易さ(褒めてる)。

・DOCOMO TOKYO REMIX ZOKU
 山田五郎さんと中川翔子さんの番組。最近では飛影の声優さんに名前を呼ばれて様子がおかしくなった中川翔子さんが面白かった。1980年前後の生まれで幽遊白書が好きな女は要注意。

・SAPPORO BEER OTOAJITO
 クリス・ペプラーさんがゲストとビール飲みながら音楽について語っている番組。アーティストやミュージシャンが聴いてきた音楽を聞くのは興味深い。期待してなかったけれど意外とクリス松村さんの回が面白かった。やっぱりオネエ系の人は「なんか持ってる」ことが多い。

・夢★夢 Engine!
 こういう一般的にあまり目立たないことを研究している人の話が聴ける番組が好きだ。話は変わるけれど、前にサイエンス・サイトークという多少内容が近い番組があってけっこう好きだったのだけれど、日垣氏という人のアレがアレだったもんで町山智浩さんとツイッターで不毛なケンカしてたのが俺が日垣氏を見た最後となった。

・BOOK BAR
 大倉眞一郎さんと杏さんの番組。本の紹介とかしてる。なんかまったりとした雰囲気がある。どちらかというと杏さんが肝なのかもしれない。この人、このまま行くと女優さんとして前人未到の場所まですっとぼけた顔のままたどり着く気がする。

・志の輔ラジオ 落語DEデート
 これこそ録音でもしておかないと聴かない時間帯の番組。あとゲストとのトークが唐突に始まる。数十年前に録音された落語とか聴ける。ちなみに俺は落語まったく詳しくない。

・菊地成孔の粋な夜電波
 タイトル通り粋な電波が出てるどことなくアンダーグラウンドな雰囲気のある番組。散文みたいなやつの朗読が好き。日曜日の夜6時30分から始まるのは間違っているとしか思えない。夜中の3時からとかの方が似合う。

・鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
 「ジブリが好きか」といわれたら「『トトロ』と『魔女の宅急便』と『もののけ姫』は好き。それ以外はあんまり」と答える。ラピュタとかナウシカとかはあんまり。テレビでやってたらぼんやり眺める程度。ただこの人の話には何かあるような気がするのでなるべく聴いている。

・・・・・

番組サイトのLINK貼り付けようかなと思ったけれど面倒なのでやめた。番組名とホスト名で検索すれば間違いなく出てくる思う。中にはPODCASTとかやってる番組もあるので気になる方はそうすればいいと思う。


2013/02/04

アイドルとは成り上がったヤンキーである。

0204-1.jpg

俺にはこれ、ものすごいヤンキー的発想の謝罪に見える。チームとか暴走族とか。女性だからレディースかな。この画像も紫の特攻服とかきてたらより完璧だと思う。

「掟」を破ったら「けじめ」ってやつで丸刈り、「脱退」はリンチとかそういうの。さすがにAKBに脱退リンチは無いと思うけど。根性焼きとかやってたらすごいな。

そういえば昔からヤンキーあがりのアイドルって話はよく聞くし、そりゃ「地元のヤンキー」でいるよりも「日本のアイドル」になれるならなった方が色々といいことあるだろうなと思いますよ、俺は。

2013/01/30

大人のためのゲームはやはりギャンブルなのだろうか。

 どうして大人になるとゲームがつまらなくなるのだろう。すぐに見つかる理由は「時間の無駄だから」、「やりたくもない作業を何度も何度も繰り返しているのにお金が一銭ももらえない」からだろうか。明らかにその周辺に理由は存在するのだろう。

 大人になるとやりたくもない作業でも「これはお金のためにやっていることだから」と仕事として割り切ることができる、気を紛らわせることが出来る。普通の感覚ならゲームをやっていても「経験値や意味の分からない勲章などいらないから金をくれ」というのが素直な感想だろう。「じゃあこのハイスコアの分だけこの口座に振り込んでくれ」、「税金とかそういうのはそっちでやっておいてくれ」。ゲーム世界は現実世界の衣食住の重要っぷりに勝てない(ゲーム廃人と呼ばれない限り)。

 ゲーム内の自由度が高くなればなるほど現実世界で得られるものは少ない。オンラインゲーム内のやり取りで金を稼ぐ中国人たちの方がよっぽどまともな精神をしている(気がしてくる)。スポンサー企業を背負ってゲームをプレイするような極少数のカリスマゲーマーでもない限り、一般的に「プロゲーマー」を名乗るには中国の奥地に暮らし、怪しい(たぶん丸いサングラスをかけてナマズのような長いヒゲを生やした)中国人を探さなくてはならない。

 オンライン対戦やランキングが当たり前になり、そこには日本中どころか世界中の猛者どもがわらわらといる。熟練した相手に勝てない、ランキングの上位に入れない。ストレスを解消するために始めたゲームのはずが、なぜかストレスが溜まっていく。それでもトッププレイヤー達に勝ちたい、ランキングの上位に入りたいと向上心を抱くものの、その向上心も次第にきれいさっぱり消えていく。

 そして自分を見つめる。「自分は世界から見ればただの点でしかない、無数に存在するゴミのようなユーザーのひとりにすぎない。とてもとてもちっぽけな存在なのだ。このバーチャルなゲームの世界の中でさえ」と軽く悟りを開きかけてしまう。オープンザサトリ、開け胡麻。ハッキリと見てしまったもの、感じてしまったものを無かったことにはできない。頭の中から消し去れない。小学校や中学校で勉強の出来ない子が、スポーツの出来ない子が、その世界で落ちこぼれだと気が付いてしまった時に「じゃあ、進学校に行こう」、「よし、強豪校に行こう」とは望まなくなる。身の丈にあった場所へ落ち着こうとする。そしてゲーム世界からひとり減り、ふたり減り。そして数年後、誰もいなくなった時にサーバはひっそりと閉じられる。

 GREEやモバゲなどのスマホゲームは「ゲーム内の強さや時間を金で買ってゲームを有利に、快適に進める」ことが出来る。そういう意味でスマホゲーム(あるいはブラウザゲームなど)の課金ユーザーはとても賢い。それは現実の世界とほぼ同じだからだ。移動時間を快適に短縮するために歩きではなく車を使い、国道ではなく高速道路を使い、電車どころか新幹線を使う。ヨットで太平洋を横断する数週間、大陸を歩いて移動する数か月を飛行機を使い数時間に短縮する。なんなら自家用ジェットで地球を飛び回る。すべては時間を快適に短縮するためだ。そのため現実世界は「お金」と「仕事」が密接に関わっている。

 大人にゲームをさせるにはどうすればいいのか。それはもうやっぱりギャンブルしか思いつかない。ゲームは将来カジノのようなものに形を変えるのはほぼ既定路線なのだろう。人気ゲームや人気アニメがどんどんパチンコになっているのだから既にとっくの昔に始まっているとも言える。「東京にカジノを」みたいな話があったが、規模はもっと大きくなる気がする。

・・・

◆米ゲームに“ギャンブル”の波:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_21671/

◆ギャンブル化「公認」へ向かう米国のオンライン・ゲーム « WIRED.jp
http://wired.jp/2012/05/18/japan-poised-to-limit-chance-based-collecting-in-social-games/
2012/12/29

ブログ12/29

オセロ中島 復帰は近いと苫米地氏明かす - 芸能ニュース : nikkansports.com

「もう、完全に(自分を取り戻しています)。おとといは私のギターライブに来ていました」と明かした。健康状態は良好で、現在は都内で暮らしているという。

 おい、この人のギターライブ行ったらダメだろう。



酒井法子の復帰舞台にマーク・パンサーから花輪が……主催者は「隠しとけ!」と大慌て - 日刊サイゾー

 マーク・パンサーといえば、ファッション雑誌のモデルとして活動していた妻の酒井薫子が2007年9月に麻薬所持と使用の疑いで逮捕されている。これには主催者も「花輪はうれしいですが……」と困惑。マークの妻と酒井の接点は不明だが、ゴシップ誌にとっては格好のネタ。せっかく復帰したのに、再び薬物事件について「W酒井」などとイジられることは容易に想像できる。

 こう、グッとくる話だ。言葉にならない。



「2人で同じタイミングで結婚したいね」……マナカナ・三倉佳奈の結婚に姉・茉奈も続く? | RBB TODAY

 佳奈は28日に更新した自身の公式ブログで、大学時代から7年半にわたって交際していたアパレル会社勤務の1つ年上の男性と結婚したことを報告。また、同ブログでは姉・茉奈に向けて「ずっと側で見守ってくれた茉奈も、本当にありがとう」と感謝の気持ちをつづっていた。

 頭の中はいかがわしいことでいっぱいだぞ。

2012/12/08

「日本女子よ!マーコールを巻こう!」

何年か前に小悪魔系とか流行ったでしょ、そういう女子が。で、ここ数年は美魔女とかなわけだ。そうなると来年あたり「悪魔」そのものが来るんじゃないかと思う。悪魔にもいろいろといると思うけど、たぶん悪魔界で一番メジャーなのは「バフォメット」だろう。来年の女子ファッションは「バフォメット」が流行るに違いない。


さて、このバフォメットがどう流行るのかってのが問題なわけだけれど、こういうヤギとかシカみたいな顔の長い(工藤静香とかサラ・ジェシカ・パーカーみたいな)女性に注目が集まる、とは思えないし、というかそっちはそういう意味じゃもう十分注目を集めただろうから、それはどうでもいい。
やっぱ角だ。バフォメットについてる角。あれは山羊の角らしい。山羊の角はいい、素晴らしい。前にも書いたかもしれないけど俺は山羊の角が無性に好きだ。力強いし、ぐるんとしてるし、たぶん固いし、なんかエロティックだし。


やっぱいいなぁ、なんて山羊のことを調べてたら「マーコール」っていう種類がいるらしい。「capra falconeri」ともいうらしい。そんなのがいるのか、ちょっと見てみるか、、、




あわわわわ・・・・・・すごいのがいた・・・・・・

これだ、俺はこれが欲しかったんだ。俺は日本中の女子に伝えたい、「日本女子よ!マーコールを巻こう!」と。まあまあいいんじゃなかろうか、糞みたいなダジャレになってるし。

だからあれだ、ツインテールとかが出来る女子は、それそのまま編んだりとかして、それをなんかうまいこと「ぐねぐねぐるぐるびよんびよん」とさせてほしい。来年は角が来るよ、角。きゃりーぱみゅぱみゅとか普通にやりそうだし。たのむよ。俺は来年あたりこんな髪型の女子が街中に大量発生する所が見たいんだ。

2012/10/06

小便のしぶき。

「ガザ地区に爆撃しているイスラエル兵みたいな気分になる」と彼は言う。僕は彼の頭がついにいかれたのだと確信する。
「なにが?」と僕は彼を傷つけず悟られないように、彼の頭はいかれていないかのように振舞いながらたずねる。どうか彼が僕の心を読みませんようにと祈りながら。
「洋式便器に爆撃を落としていくんだ」と彼は答える。彼の顔がほんの一瞬、真顔になったことを僕は見逃さなかった。
「真ん中の水の貯まっている所がパレスチナ、その周りが壁なんだ」と両手を使い大きなドーナツをさする様な動きをして彼は僕に説明する。
「あれって自分が思っている以上に小便のしぶきが飛んでるっていうだろ」と彼は言い、僕から目をそらす。
僕は何と答えるべきだろうか。この会話のキャッチボールはまだ続くらしい。そして今、ボールは僕の手元にある。
「最近は座りながらする人も増えてるらしいね」我ながら当たり障りのない答え。これ以外に僕が何か言えることはない。
「女々しいよな」と彼は言う。「地下室かどこかで画面見ながらロボット操作してたんだろ?Xboxかなんかのコントローラーで」なぜ彼はこんな話をしているのだろう。なぜそんな話を僕に向かってしているのだろう。
「そのコントローラーってちゃんと振動する機能も付いてたのかな?」
「イスラム兵の頭を打ち抜くとブルブルするくらいは欲しいよな。画面上にスコアとか出してさ。ヒゲが立派なヤツほど高得点だ」彼はそう言いながら両手でコントローラーを操作する仕草をする。彼は不謹慎なヤツだと思う。
「あれでハイスコア出したヤツにはボーナスぐらい出ただろうな。出なきゃおかしいよな」と彼が言う。
「ああ、そうかもね」と僕は答えた。その言葉が僕の口からすべり出た瞬間に共犯者になった気がした。
「原発に偵察いかせたカメラ付きロボットの操作もXboxのコントローラーだったろ。あいつらあのコントローラーの活用すごいよな」ああ、そんなこともあったような、なかったような。
「日本もプレステのコントローラー持って戦争する日が来るかな?」
彼は少しの沈黙の後、「女々しいよな」と言った。彼は続けて「俺はWiiのコントローラーがいいな」と言った。
2012/09/15

915

●だってtumblrで流れてきたんだもん。にしてもなんだこれは。蝶野の海パンの柄のチョイスがまずおかしい。橋本なんてもう意味がわからない。角度的に考えると、それ女ものじゃないのか?若いって怖い。あと空と海ががきれい。

●もうここ数年プロレスをまともに観てない。よく観てたのは闘魂三銃士の最後あたり。今は棚橋ってのと中邑ってのがいるくらいしか知らない。あと永田がいつの間にかよくわからないキャラになってた。クラスのマジメなやつに「なんか一発ギャグとかないの?」ってからんだら白目剥くギャグやられて大爆笑みたいなそういう流れなのだろうかあれは。プロレスとか格闘技だけじゃなく世界で起こっていることほとんどがそうだろうけれど、しばらく観ていなかった時期があるとそれまでの物語がわからないのでミッシングリンクを埋めていくのが大変。

●「桐島は部活やめるし、田村はまだ来ないし、ウシジマに金借りたし、もう帰ろうかな」「桐島、iPhone5にするってよ」「桐嶋、親父がフィリピンパブ通ってるってよ」「桐島、さっきトイレで酒飲んでたってよ」「桐嶋、プリキュア見てるんだってよ」「桐嶋、お袋が実家に帰ったってよ」「桐嶋、お前の妹ブサイクだよな」「桐嶋、ゲイなんだろ?」「桐嶋、チャリ盗まれてるじゃん」

●日中韓露の50代くらいの面倒くさい「マッチョ男」たちがお互いに「俺は苦労してきたんだ、強いんだ、すごいんだ」と己のメンツを守るためのいがみ合いみたいになってきているので、これをうまくまとめて全員の機嫌をこそねることなく解決するヒントは銀座の高級クラブのホステスさんあたりが知っているんじゃなかろうか。

2012/08/31

24時間テレビ[もしも王様ゲーム24時間生中継だったらの巻]

今さらですけど24時間TVあったじゃないですか。あれで番組の制作費が40億くらいかかってて募金額がたった2億いくらかみたいなことで、いかがなものかという。

でもあれテレビ局の24時間をかけた障害者の人とか支援が必要な人たちの広報番組だったと考えれば、40億はそんなモンなのかなと思ったりした。

もし「アラブの石油王ことアブドラくんの王様ゲーム24時間生中継!!ムフタルくん親子は意味なく120キロを走る!!」みたいなのを日本テレビのプロのカメラ、照明、音声、編集などなどフルに使ってあのレベルの放送をぶっ通し24時間やろうと思ったら、そりゃ40億くらいはかかるだろうなーと思うもの。

とにかくアブドラくんのムチャブリがすごくて、足が無い人に「今から屋久島行ってこい」とか、ギネス記録更新しろとか、タレントの過去の恥ずかしい映像とか見ながらトークしろとか言うの。

で、120キロ走ってきたムフタルくんのゴールテープがなぜかロープになってて、ビヨーンってなってもう1回スタート地点まで走って戻っていくの。だってムフタルくん実はプロレスラーだから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。