--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/18

リア・ディゾンと俺の差別

俺はずっとリア・ディゾンのことをアメリカ人の父親とフィリピン人の母親のハーフだと思ってた。

リア・ディゾン - 恋しよう♪

それまで俺は世の中にはここまで完璧なアメリカ人男性のセカンドライフというものがあるんだ、と思い込んで他人事のくせになぜかちょっとワクワクしたりしょんぼりしていたのです。

俺の頭の中では勝手にリア氏の父親は中年のアメリカ人で、ついでにバツイチで、元妻への慰謝料をめぐって精神的に打ちのめされて、場末のフィリピンパブに入り浸って、そこで働いていたフィリピン人女性と恋に落ちて「ああ、俺の今後の人生、彼女と共に過ごすのも悪くないかもしれない」とその彼女と結婚して、平日はマジメに働いて、日曜日もマジメに教会へ。でもなんだかんだやってたらお金が溜まっちゃって、じゃあここでいっちょアメリカンドリームだ、ラスベガスに住んじゃおう、可愛い子供にも恵まれた、神様ありがとう。おやおや、娘がレースクイーンをやりはじめたぞ、俺の娘はなんてセクシーなんだ、素晴らしいなぁ。なんだって?娘の写真が日本で人気?日本で歌手にならないかと誘いを受けている?いいぞいいぞ、なんて素晴らしいことだ。これこそ夢のセカンドライフ!

でもプロフィールをよく読んでみたら「フランス系アメリカ人の母と中国系フィリピン人の父とのハーフ」だった。逆だった。っていうかそれハーフなの?
そんなことよりも俺はさっき確実に差別的な発言を行いました。アメリカ白人男性とかフィリピン人女性とかなんかもう沢山の差別的発言がありました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。凶悪犯になった気分です。しかも俺はタバコまで吸っています。なんだかもう死にたい気分です。
もういっその事タバコを吸って死にます。吸いますがすいませんとはこれいかに!

いまさらですがリア・ディゾンさんは本当に素晴らしいと思います。

Leah Dizon|公式プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。