--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/04

廃品回収は美しいスピーカーと共に。

廃品回収業者の軽トラがゆっくりと通り過ぎていった。その何が私の心にこんなにもトキメキを与えたのか。その答えはたったひとつ。ひどく音のいいスピーカーを使っていたからだ。

「こちら廃品回収車です。古くなったテレビ、ステレオ。乗らなくなった自転車、バイクなどはございませんか?」

録音された女性の声。その透きとおった優しい声が車のボンネットの上に取り付けられたスピーカーから何度もリフレインされ、この町中の空気をかすかに震わせた。

たったそれだけのことで俺は別世界にいるような気分になった。荷台につまれているサビだらけのガタガタの自転車も最新の電動アシスト付き自転車に姿を変えていた。古臭いブラウン管テレビからは3D映像が飛び出していた。

もちろんその軽トラもポルシェかフェラーリの技術が組み込まれているに違いなかったし、あの軽トラは私を絶頂期のドバイに暮らしているような気分にさせた。

すばらしい日。それは美しい音と美しい言葉がくっきりとした周波数を持ちながら空を漂うこと。すばらしい日。それはたったそれだけのこと。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。