--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/25

Stone Temple Pilots - Stone Temple Pilots

ついにストーン・テンプル・パイロッツも解散したし、グランジバンドでまともに残ってるのは[パール・ジャム - Wikipedia]くらいだな、などと思っていたらいつの間にかストテンが再結成して新作まで出していた。

CDジャケットのピースサインはどういう意味なのだろう。ウソだよーんという意味だろうか。90年代に活躍したバンドの特徴は解散してもすぐに再結成することだろう。SNSをやめたのにすぐ戻ってきて「出戻りでーす(テヘヘ)」みたいな人のようで何だかありがたみがない。とはいいつつも解散前の最後のアルバムは2001年なのでそれなりに時間は経っている。

フィルター[Filter (band)]の音作りはスゴイと思っていたのでアーミー・オヴ・エニワン[Army of Anyone]の活動にはもうちょっと期待していた俺はどうすればいいのだろう。まあ、別にどうもしないけれど。たしかにいまいちピンとこなかったし。

ストテンのメロディセンスや曲作りのセンスはどこか日本人ぽいと思っている。洋楽とか聴かない人たちにもそれなりに馴染む気がする。しかしこのシングルになっている曲がニルバーナ丸出しなのは大丈夫なのだろうか。引用ということでいいのだろうか。コートニー・ラブが怒ってきそうだ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。