--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/26

ウォッシュレットが普及すると移民が1000万人やってくる。

日本のトイレが全部ウォッシュレットになったらね、ケツの穴にクソをこびりつかせなくていいじゃないですか。


あそこのイケメンお兄さんも、あっちのキレイなお姉さんも、オシャレでスマートに着かざっていても、ケツの穴にはクソがこびりついているわけです。


無造作ヘアーも短いスカートも、タイトなスーツもバッチリメイクも、みんなケツにはクソがついていると考えただけですべてが台無し。


それはそれで興奮するっていう変態さんもいるでしょうけれど、国民みんなのケツの穴がキレイになったら日本はもっと素晴らしくなります。


「ジャパニーズのケツの穴はとってもクリーンだ」とか、ヨーロッパあたりの有識者もきっと「日本に学ぼう」とか言いはじめる(たぶん)。


でも、日本のトイレが100%ウォッシュレットになったらアナルの快感に目覚める男が増えてしまうかもしれない。これは注意です。


ゲイに目覚めてしまう男が増える可能性があるわけです。いや、別にゲイの方々は好きにやってくれていいんですけど、そうなると少子化問題が今よりもさらに深刻になってしまう。


でもそうなったらなったで、考え方の方向をすこし変えてみたらいかがでしょう。むしろこれはチャンスだ、ということにしてみようと。


まずウォッシュレットきっかけで目覚めたゲイさんたちの結婚を認めてあげてですね、子供がほしい人たちには海外からの養子をたくさん育ててもらうんです。


どうせなら1カップルにつき養子5~6人いっちゃいましょう。別にゲイ夫婦だけじゃなくて、不妊治療してもどうしてもダメだったってご夫婦ももちろん大歓迎です。


そしたら海外から移民を1000万人受け入れるか否かでもめている人たちも、海外から養子を1000万人っていうなら話は変わってくると思う。


海外からの移民がイヤな人は「日本語が通じなくなる」とか「犯罪が増加する」とか「日本の生活になじるのか」とかが心配なわけじゃないですか。


でも養子なら子供の頃から日本で育てられるわけだし、見た目はどうかわからないけれど中身は日本人ってことになるはずです。


俺は移民の受け入れは「どうにでもなれ」くらいにしか考えた事がないので、あんまりこの話題にガッツリ行く気はないんですけど、そんなことになったら面白いなーと思う。


ここまで書いておきながら、残念なことに俺の家のトイレにはウォッシュレットはついてないんです。


トイレに流せるウェットティッシュ(トイレットペーパー)ってのを見たことがあるから、ケツをキレイにするだけならそれで十分かなとも思うけど、あんまり普及してないし売ってないですよね。



保湿トイレットペーパーとかありそうだな、思ったらやっぱりあった。でも「肌セレブ」ってネーミングじゃわかりにくいと思うな。「穴セレブ」がいいんじゃないかな。


家からちょっと足をのばすと大きめの本屋さんがある。本屋さんに用事があるときは決まってその本屋さんまで行きます。品ぞろえがいいというよりも、そこにはウォッシュレットがあるのです。


人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

http://www.youtube.com/watch?v=L8ndLz4SGmU
戸川純さんの宣伝がなかったら日本はウォシュレット大国にはなれなかったと思います。
ウォシュレット万歳。ウォシュレットがある会社は優良企業。

Re: Larik さん

社員のケツに何もこびりつかせない企業の業績が伸びるのは当然ですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。