--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/05

バイノーラル録音された「3D音声」で世界を目の前に広げてほしい。


現在、映画「アバター」といえば3D、3Dといえば映画「アバター」なわけです。

俺は「アバター」を見ていないので詳しい内容はよく知りませんが、魔術師の念がこめられたメガネをかけると今までよりも奥行きのある映像だったり、映画の登場人物がスクリーンを飛び出して売店でポップコーンを買ってくるなど奇跡のようなことが起こることで有名です。

テレビも3Dの時代がくることを見越して3Dテレビなんてのも商品化しているとのこと。

「でもお高いんでしょう?」などと思っていたら50万円前後するらしいので面白半分で買えるのは富豪だけだという事がわかりました。その何分の一くらいの値段、いわゆる貧乏人のテレビからは何も飛び出してきません。

でも3Dテレビを見るときにはヘンテコメガネをかけなくてはいけません。ざまあみろ。ちょっと「SF-1」と同じ臭いがする。
SF-1 - Wikipedia

でも、いつかはネットも3Dで飛び出してくるのが当たり前になるのかもしれません。文字が飛び出てきたら読みづらいだけでしょうから、やっぱり映像ということになると思います。現在youtubeでも『3D映像の実験』をやっているようです。


YouTube - 【3D動画】石田純一、靴下を履く

この3D映像をブログに貼り付けると左右の映像を寄り目にして人力で無理やり3Dにするというものになってしまう(2010年3月5日現在)ので、なんだか目が良くなりそうです。出来ればリンク先の方を見て欲しい。

それを見ても「それがどうした」感が凄いのはテスト映像のチョイスのせいかもしれません。それにしても、これを見ると3D映像というのはずいぶんと簡単な仕組みで出来ていることがわかります。

50万も出して3Dテレビを買った大富豪、ざまあみやがれ。

ひとりの視聴者として3D映像はこれからもこの方向で頑張ってもらうとして、ひとりの聴取者としては飛び出る音声というのも聴いてみたいと思うのです。これからは3D音声、そう、3Dラジオの時代じゃないかと思うのです。

では3Dラジオとは何なのか。やっぱりそれはバイノーラル録音で収録されたラジオ番組を「これは3Dラジオだ」と言い張ってみることから始まると思います。

800px-Dummyhead.jpg
バイノーラル録音 - Wikipedia
@nifty:デイリーポータルZ:168円で立体的に録音する
バイノーラル録音で遊ぶ

3D映像専用のヘンテコメガネの代わりに3Dラジオにはヘッドフォンが必要になるでしょうけれど、それくらいたいした問題じゃないでしょうし、だいぶ敷居は下がります。

伊集院光さんやナインティナインさん、それにアイドル声優さんなどが目の前に座って喋っている感覚を体感出来ることに興味ある人はたくさんいるんじゃないかと思います。

毒蝮三太夫さんの「ババア、いつ死ぬんだ?」への返答に「もうすぐ」と答えながら爆笑してるババアとのやり取りが目の前で行われているかのように聴こえる音声。色んな意味でアートの領域だと思います。

この技術はニュース全般にも使えるはずです。これはテレビニュースでもいいしラジオニュースでもいいと思います。これからは3D映像と3D音声を合わせまくればいいと思う。

もし台風が来たらどうするのか。強風で体を斜めにしながら踏ん張るアナウンサーの顔の横にマイクを置いて録音でしょう。聴取者はヘッドフォンをつけて顔や服に雨が当たる音を体験し、扇風機を「強」にすることで安全な部屋の中で台風を体験できます。

国会の会議場の真ん中に高感度のバイノーラル録音マイクを置いて、政治家のヤジを体感するってのも面白そうなので誰かやっててほしい。ちっちゃい声で下ネタ叫んでる人とか絶対にいるはず。バイノーラルだから「あのへんから聞こえる」とかわかる。


中東のあのあたりのど真ん中にカメラはもちろんバイノーラル録音できるマイクも置く。前後上下左右斜めから銃声や爆発音が聴こえてきたら遠い異国のニュースにも現実味がでてくると思う。

現地の状況を伝えるアナウンサーさんの声を「神の声」のように空の上から聞こえてくる意味不明にドラマティックな音演出もやろうと思えば出来るはず。これはやらなくてもいいですが。

日本製の炊飯器を買いあさる中国人さんにバイノーラル録音マイクをつけさせてもらってどんな音が聞こえているかとか、ヨーロッパのマクドナルドに行って店員さんのやる気のなさっぷりを体感できるとか。

そうやってなかなか味わえない世界を体感しながら世界中が繋がっていくというのも面白いと思うのです。素っ裸で街中を歩くとどんな警察官が来るのかも無傷で体感できるならしてみたい。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。