--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/18

遠くまで見えてしまう視力

 生まれつき盲目の少女は手で触れられるものしか「見る」ことが出来なかった。医療の技術は進み、少女に視力を与える手術が可能になった。少女は視力が手に入るならと目の手術を受ける。

 目元に巻かれた包帯がほどかれ、医師に「目を開けてごらん」と言われた少女は目を開く。初めて見る親や友人の顔、空を通り過ぎる雲の形、想像以上に眩しい太陽の光。

 少女は手の届かない遠くの景色まで「見る」ことが出来るようになった。整然と並んだ墓石、こちらをニヤニヤしながら見ている知らない男、大きく膨らんだ真っ赤な花。

 少女は「こんなものが見れたからといって何だというの。見たくないものまで見えるじゃない。私はこんなもの見たくない」と言ってまた目を閉じた。俺が思う「ネット嫌いの人」はこんな感じ。

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。