--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/13

腰パンで有名な国母選手の価値観。

オリンピック始まった。始まったばかりだけれど、始まるちょっと前の話題。

バンクーバー五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)代表、国母和宏(21)=東海大=の服装問題をめぐり、日本代表選手団の橋本聖子団長は12日、全日本スキー連盟(SAJ)から出場を辞退させる申し入れがあったことを明かした上で、国母を予定通り出場させることを決めた。


時事ドットコム:国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕
みんな国母選手を非難しすぎでしょ? まず国母選手の服装もインタビューの受け答... - Yahoo!知恵袋
国母選手を擁護している人にお聞きしたいのですが、実力などはだいたいどの程度か... - Yahoo!知恵袋


 あの場で服を着崩しただけで何でここまでの事になってしまうのだろう。国母選手の態度が素晴らしいとは思わないけれど、なぜ(ある程度)個性として認められないのだろう。別に素っ裸でコカインを吸いながらバンクーバーに到着したわけでもないし、ところかまわず現地の人を鈍器でひっぱたいていたわけでもない。国母選手は自分の価値観に合わない服を着せられたので、ちょっと自分の価値観に合わせてみただけだろう。

 彼は仲の悪かった知人の結婚式にわざと喪服を着て、皮肉たっぷりに現れたわけじゃない。結婚式に行こうと思ったけれど、今まで結婚式というものに行ったことがなかったし、どんなルールがあるのか知らなかった。だから普段着のTシャツ・ジーパンで行ったら「常識がない」と怒られた。それくらいのものだろう。ただ、それを記者会見を開いて謝罪までさせる必要があったのか。国母選手はマナーが悪くて、TPOをわきまえていなくて、ルールを無視したわけではないと思う。彼はマナーやTPOを知らなくて、そこにルールがないと思っていただけだろう。こちらが「なんだかなぁ」とでもため息をついて、苦笑いすれば済むことだ。

 お金をたくさん稼いでデカい家に住んでデカいTVを見て排気量のすごい高級車を乗り回す生活こそ素晴らしいという人。食べるものに困るほどお金が無いけれど家族の温かい愛情さえあれば素晴らしいという人。心とお金のバランスこそが重要だから平凡でつまらない生活こそが素晴らしいという人。どの生活も単純に否定はできない。それぞれの生活にはそれぞれの価値観がある。これが様々な個性に繋がっていくと俺は思う。

 金がある、金がない。親がいる、親がいない。恋人がいる、恋人がいない。両足がある、両足がない。腰パンがカッコイイ、腰パンはカッコわるい。たぶんそれぞれ違う価値観を持っている。彼の価値観が自分に合わないので自分たちの価値観に合わせようとする、これはミイラ取りがミイラになっている気がする。国母選手の姿勢が何から何まで素晴らしいとは思わないけれど、真面目な選手も不真面目な選手も同じ場所に存在していいと俺は思う。ということで俺もミイラ。

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。