--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/21

日本のジャックバウアー

警察よ、ムダな抵抗はやめなさい | TOKYO EYE | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

僕は思わず言ってしまった。「今あなたが私の免許証を取り上げ、その真偽を丹念に調査し、出身地まで聞くのは私の名前が日本人風ではないからですか? だとすれば、それは立派な外国人差別ですよ」

 結局、僕の「疑い」は晴れたが、この出来事があってから僕の警察を見る目が変わった。日本の警察官はあまりに人数が多くて、よっぽどヒマなのだと思えてきたのだ。

 ニッポンの「お巡り」でドラマ『24』をリメイクしたらどうなるだろう。和製ジャックバウアーは交番を守り、自転車検問ばかり繰り返し、どうでもいいことを無線で連絡し、外国人(白人以外)を発見すると目の色を変えて身元を確認する。こんなもの一部のマニアにはウケるかもしれないが、シーズン1どころか初回で打ち切りだ。

◇申し訳ないが、そういう『24』リメイクならすごく見たい。きっと俺はそういう一部なのかもしれない(マニアではないのが残念)。そんな人がどのくらいの視聴率をもっているのかわからないけれど、「踊る大走査線」はそれに近いことも描こうとしていたかもしれない。

◇なんとなく日本人じゃないっぽい顔つきの人とか、韓国人や中国人っぽい人、もちろんキチンと入国してきたイラン人とか、アメリカ国籍じゃないのにアメリカ人だと言い張るHIPHOPな人とか(これはさすがに微妙)、とにかくちょっとでも違和感のある人を見かけたら「無差別」に職務質問して身元を暴いていく。

◇職務質問のシーンにはずっと「ずんちゃかずんちゃ、ずんちゃかずんちゃ」みたいなBGMを流す。とりあえず「おい、テメエ怪しいなこの野郎」とむちゃくちゃなことを言って引き止め、それで止まらないとすぐに発砲したりする。何かあるたびにおばちゃんが爆笑している声が入る。

◇「おい、そこの外国人。職務質問だ。なに人だお前は、まったく。日本語ワカルカ?身元がわかるもの出しなさい。ひらい・・・なんとか。日本人?ああ、そう。職業は何してるの?歌手?どんなの歌ってんの?大きなノッポ?・・・おお、あんた平井堅じゃないか。どうせ薬やってるんだろう、出しなさい」とゲスト出演してくれた人に失礼なことを言う。

◇最終回にそいつはニセ警察官だったことがバレて本物の警察官に捕まる。

◇実際に職務質問をしてくる警察官の方って「すいません、驚かせてごめんなさいね」みたいな丁寧な感じ、というか下の方からくる。やましいことがなければそのまま「どうもどうも、ご苦労様です」と言われた通りに愛想よく対応してればスムーズに終わると思う。職務質問を受けたことのある者は語る(俺)。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。