--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/26

ふたりの聖人

ナザレのイエス - Wikipedia

コンビニに行くと、欧米系のお兄さんが食べものを選んでいた。なぜキリスト教は欧米で根付き、日本ではイマイチだったのかわかる気がする。顔つきとか体型とか、そんなレベルの話。


イエス・キリストはどう考えてもアジア人ではないイメージがある。実際には中東系だったかもしれないし、そうじゃないのかもしれない。とにかく白人のイメージが強い。

釈迦族 - Wikipedia

仏教の「釈迦(仏陀)」がどんな顔だったのか何も考えずに想像してみると、なんとなくアジア系とかインドっぽい顔をイメージをしてしまう。でもアーリア系ということは白人。

別にキリストや釈迦が何人であろうが、どんな顔をしていたのかはどうでもいいのだけれど、親近感のある見た目の方が信仰者は増えるだろう。

コンビニで「聖☆おにいさん」を立ち読みしながらそんなことを思ったり思わなかったり。


モーニング・ツー無料公開


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。