--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/12

繰り返していく髪型。

ホステス - Wikipedia
キャバクラ - Wikipedia

芸者さんは数百年前の形で今も残るホステスさんに違いない。そう思ってホステスをwikiで調べてみると、一応「芸者文化の影響を受けている」とある。けれど[要出典]がついているのであまり信用はしない方がいいのだろう。でもやっていることを見ればほぼ同じだろう。男が男と酒を飲み、女は場に色彩をそえる花となる。時に男は花に気に入ってもらおうと熱心に話しかけるし、女も熱心にその話を聞いているフリをする。

ビッチの髪がまた進化してるwwwwwww:ハムスター速報 2ろぐ
ワラノート キャバ嬢の髪の盛り方が進化しすぎでわろたwww

キャバクラ嬢の方々がやっているらしい「盛り」がどうしたこうしたという髪型を何百年も続けたら日本の伝統文化として定着するのだろうか。しかしこれは上記のブログに寄せられたコメントにもでてきた中世ヨーロッパで流行っていた「頭上に豪華客船」と同じではないか。大きい荷物を頭の上に乗せて運んでいる女性を見たことがあるが、何か関係しているのだろうか。

http://ta3jpn.tumblr.com/post/185833705/livedinbars-marie-antoinettes-hairstyle
http://ta3jpn.tumblr.com/post/185833585/poisoned-apple-marie-antoinette-by

当時その髪形は「本当に」流行っていたのか疑問だ。あなたは女性の頭に得体の知れない何かがたっぷりと乗っている姿を「実際に」見たことがあるだろうか。私はミニスカートを履いている女性は見たことがある。たぶん、その女性は産まれてから50年が経過していただろう。けれど、女性の頭上で桜島が噴火しているのは見たことがない。きっと中世ヨーロッパでも本当に一部の人たちだけの流行だったのだろう。

2chに集まって笑いあって楽しそうにしている人々は近年になって急に出てきたわけではないだろうし、数百年前から同じように頭上の船を見て遠くでゲラゲラ笑っていたに違いない。芸能人にネットで「死ね」だとか「殺す」などと書いていい年して怒られていた人たちがいたが、どうせ人は昔からそんな感じなのだ。

2chそのものをふくめ、2chのまとめサイトはどれを見ればいいのか迷うほどに沢山ある。その中には中国や韓国の話題が取り上げられるとコメント欄がアンチ中国アンチ韓国な人たちでごった返す様が見れるものがある。

私はそこに日本人の見てはいけない『闇』のようなもの、昼間のファミレスで飯を食っていたら隣の席でカルト宗教の勧誘やっていることに気がついた時のような「うわ」と小さく声を上げてしまいそうになるほどの、とてもじゃないけど愛せない何かを感じていた。

それは格好の餌になるような元ネタを提供しているあちらの国の方々もそうだし、それに大喜びで食いついて嘲笑しているこちらの方々もそうだ。だいたいそこについたコメントをいくら読んでも同じような内容が続くだけで「確実な不毛」を感じることになる。

なにかのきっかけで大ブレイクしたタレントさんブログのコメント欄と同じくらい「俺は知っている。この2000件近くついているコメントを最後まで読んだところで絶対に何もないし何も起こらない」そんな思いがいつも襲ってくるのである。

これを老後の趣味にしようと数十年間も保存しておこうとも思わない。だから私はコメントは無視をするようにしていた。ただ、あの反中反韓の大津波の中には日本で暮らしているうち、自分の国が嫌いになってしまった中国系や韓国系の方が少なからず含まれているのかもしれないと思うと不思議な気分になる。

国と国、人種と人種、民族と民族がいがみあうことは近年になって始まったことだとは思えない。なぜ男も女も何百年、何千年、何万年と同じようなことをずっと繰り返しているのだろう。遺伝子にそう組み込まれているのだろうか。

地球が新陳代謝をしているだけなのだろうか。それとも人間はダニやノミのような存在だろうか。それとも食べたものを排出し、排出したものを肥料にして草木は育ち、その草木を食べてまた排出するだけの哺乳類だろうか。

火縄銃 - Wikipedia

人は歴史からものを学んでしまう。学校で教えられた歴史、能動的に調べた歴史。意識的に、あるいは無意識のうちに昔の人間と同じような行動をとっているのかもしれない。歴史を学ぶことは今を見ることなのだとすれば、ゲリラ軍のアサルトライフルは南蛮の武器商人から買った火縄銃。重要だと信じることのために死ぬ。

日本よりも文化の進んでいた中国をお手本として独自の文化を築き、その後はヨーロッパのマネをしたりアメリカのマネをしていたら、いつの間にか他の国にマネされる側にまでやってきていた。今こそ世界の女性たちはヨーロッパや日本をマネて手当たり次第に盛ってみたらいかがだろう。とりあえずレディー・ガガさんあたりをゴールに設定するとするといい。

レディーガガひとり対決「顔面マスク」VS「ボタンヘア」どっちがすごい!? - ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。