--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/04

レフくん&ライくん「久しぶりで意味不明」


「あれ?」


「よう、ひさしぶり」


「ホントだね。また会えて嬉しいよ」


「これでまたお互いの体を舐めあえるな」


「今まで一度だってしたことないよ、そんなこと」


「あんなに愛液をたらして欲しがってたじゃないか」


「ウソをつけよ。久しぶりでどんな設定
 だったのか忘れてるんじゃないの?」


「体はウソをつけないぞ」


「俺はウソついてないよ。そっちがわけ
 わかんないウソついてるんじゃないか」


「さあ、一緒に蜜の楽園に出かけようじゃないか!
お互いの体を蜜まみれにしよう!」


「行かない行かない。なんか気持ち
 悪そうだもん、その楽園とやら」


「そんなこと言って、本当は俺が欲しくて
うずうずしてるんだろ子猫ちゃん?」


「子猫ちゃん・・・。」


「もうお前は俺がいなくちゃ
生きていけない体なんだろ?」


「いや、別に・・・。」


「さあ!はやく俺のケツを舐めておくれ!」


「イヤだよ」


「はやく!俺のケツが冷めないうちに!」


「それは何なの?ピザか何かなの?」


「ベロベロと!さあ!ベロベロロンと!」


「やめろやめろ、キモイよ」


「美味しいから!ぜったい美味しいから!」


「おい、ふざけるなよ。やめろって言ってるだろうが」


「はやく!ほら早く!」


「てめー、いいかげんにしねぇとケツに雨傘ブッ刺すぞ」


「悪いけど、そういうプレイはちょっと苦手だな!」


「プレイじゃねぇよ」


「・・・。」


「わけのわからねぇ事ばっかり言ってる
 お前の内臓をケツに刺した雨傘で
 かき混ぜてやろうって言ってるんだよ」


「ごめんなさい」


「死んで詫び入れろ、このチンカス。
 アメリカのケーキみたいな顔しやがって」


「なんか、あの、アメリカのケーキみたいで申し訳ないです」


「角ばった顔してるからっていい気になってんじゃねぇぞ」


「ホント、あの、調子に乗ってました、すいませんでした」


「なんだ、お前は角ばってると調子に乗るのか?」


「え?あ・・・、いやー」


「角ばってる方がカッコいいのか?
 お前の価値観では角ばってることは
 カッコいいことなのか?え?」


「よくわかんないですけど、まあ、
そういうことになるのかなー、なんて」


「ふーん、あ、そうなんだ」


「・・・。」


「じゃあ今日はもういいや。気をつけて帰れよ」


「え?あ、はい。失礼しました、お疲れ様でした
(よくわかんないけど助かった、角ばって調子にのってて良かった!)」

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。