--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/01

駆け巡るフリーザとトランクス。

 ブログの見た目を変えてみた。まだもう少し調整したいところだったりするものの、結局はこういう感じが究極の形なのだろう思う。

 きっと「シンプルなものはすばらしい」という考え方は太古の昔からあるのだろう。派手で複雑なものが流行れば、その次の流行はいつだってシンプルで単純なものだ。

 機能、行動、ファッション、思想、芸術、文化。あらゆるものが複雑になればなるほど、人はそれをなるべくシンプルで単純な究極の形に近づけようとする。

 複雑なままでは理解できる人間の数は限られてしまう。シンプルなものならば理解できる人数が飛躍的に伸びる。理解してほしければシンプルにしたほうがいい。

 ただ、誰かが「やはり究極の形はシンプルだ」と口に出せば、こっちの頭の中では無表情のフリーザが仁王立ちしている。

 その発言者がどんな立場の人物でも。上司、同僚、先輩、教師、友人、恋人、愛人、変人。誰であっても、その発言の後には、俺の頭の中にフリーザがいる。

 あるいはトランクス。セルとの戦いでパワーを意識しすぎたことでスピードが死んでしまい、十分に実力を発揮できずに自分の考えが甘かったことを悟る。

 シンプルなものを見るたび使うたび、多彩な複雑さよりもシンプルさ明瞭さを求める人と出会うだび、いつもフリーザとトランクスが頭の中を駆け巡る。

 きっとシンプルなものはこの世の中からなくならない。そのたびに2人のことを思い出すだろう。きっとこの2人と一生付き合っていかなくてはならない。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。