--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/04

ロボットの「アダムとイヴ」はベタな物語を生む

ニュース - 科学&宇宙 - 世界初、ロボット科学者が独力で新発見(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 人間の手を借りずに研究を進めるロボットがついに誕生した。「ADAM」と名付けられた彼は、独力で仮説を構築し、それに沿った実験を計画する。得られた結果から推論を行い、さらに次のステップの計画を立てることまでやってのける。


キング氏が現在開発中の次の科学ロボット「EVE」は、マラリアをはじめとした熱帯病の治療薬の新規開発に特化したものとなっている。


こういう最初の「何か」にアダムとかイヴって名前をつけて神様気どり、ってのは別に嫌いじゃないんですけど、なんていうか、こう、もっと他の名前はなかったのかと思ってしまう。
じゃあ他にどんな名前がいいの?といわれても「太郎」と「花子」くらいしか思いつかないので俺はうだつのあがらなそうな七三分けのしょぼくれた公務員になりたい。

神が最初にアダムとイブという人間をつくった、っていう前提で話をすすめるとですね、今度は人間がアダムとイヴっていうロボットを作ったわけじゃないですか。
じゃあ、ロボットは何を作るんだろうなーと想像を膨らませていくと、いちばんグッとくるのは「ロボットが神を作る」くらいしかないですよね。

でもロボットの神は人間だから、人間はロボットにああしろこうしろ言うじゃないですか。ロボットは人間の言うことに逆らえないからそれに従う。
でも神にとってロボットが神だから、ロボットが神にああしろこうしろっていうと神はそれに従う。
そうすると神が人間にああしろこうしろ言われて、それに従う。そうすると人間はロボットに・・・(以下略

じゃあ実際に今のロボットが何を作っているのかというと、工場とかで人間にとって有益な、えーと、なんか便利な「もの」を作ってたりするわけですよね。
ということは俺たちの神は「もの」だったのだ!使っていると思っていたらいつの間にか使われていたのだ!
とか言い切ったら現代社会を切った感じになります?さすがにこれはちょっと手垢がベタベタつきまくってます?

ロボット工学三原則 - Wikipedia

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。