--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/25

観葉植物がプリキュアの第三の眼。

 部屋の観葉植物にサンセベリアがあるんですね。そういうのに興味がない人でも「ああ、なんか見たことある」と思うくらいメジャーなやつです。別に俺が植物に興味があるってわけでもないんだけど、まあ、とりあえず置いてあるんですよ。

 で、「12月~1月の育て方はどうするんだっけ」と調べたんですね。「たしか水はあげ過ぎない方がよかったはずだけど」とか思いながら。調べた結果は、まあ、だいたいそんな感じの育て方で合ってたので、それでいいです。

サンセベリア - Wikipedia
サンセベリアの育て方|ヤサシイエンゲイ

・・・



 で、なんだかんだでこんなページがあった。

植物との対話
 そういえば、こういう「植物には感情がある」みたいな実験をしてた番組を見たことがある。これホントなんだろうか、と思って見てた。UFOとか心霊写真とかと一緒に紹介されてたんだもの。バクスター効果っていうんですね。

@nifty: 夏休みの自由研究2002
 2002年のみたいだけど、@niftyさんってだけでなぜか「ウソではない感じ」がする。「彼らがウソをつくはずがない!ウソをつく意味がない!」みたいな、そういう感じ。じゃあホントに何かしら反応を示すんですね。

魔術用語集
バクスター効果
 『魔術』ということで一気にウソくさい感じになりましたけども。まあ、バクスター効果は何かあるってことでいいんだけど、他の用語も面白い。ちょっと前に流行った都市伝説みたいな感じで良いっすね。ここでチベット関連の用語があってぼんやり見てたら、ふとロブサン・ランパって人の話を思い出した。

ロブサン・ランパ - Wikipedia

ロブソン・ランパとしての彼は、日本軍と中国共産党軍に迫害されて英国に脱出してきたとのふれこみで、当時秘密のベールに包まれていたチベットの異国的な様々な習俗を紹介した。例えば「大きな凧に乗って空を飛ぶ」、あるいは「額に開孔手術をうけ、銀色の木片を挿入された。それにより神秘的な第三の眼が開いた」などである。

 何者なんでしょう、この人。壮大なホラ吹き野郎ってことにしていいんですかね。わかんないですけど。第三の眼が開いてるらしいので黒い炎の龍とか出せたらスゴイですよね。妹も助けられるだろうし。もしくはデカい槍みたいなのを持って道を歩いて欲しい。

・・・



YouTube - 三つ目がとおる - OP【?のブーメラン】
 わー、懐かしい。ところで、この曲のコメント欄を見てたら「プリキュアの曲に似てる」みたいなことが書いてあって、たしかにプリキュアの曲を聴いた時に「どっかで聴いたことがあるんだよなぁ」と思った謎が解けた。これだ。

YouTube - Pretty Cure Opening
 あー、すごい似てる。と思ったら両方とも作曲者が小杉保夫さんという方でした。じゃあ、別に盗作でもなんでもないですね。「お嫁サンバ」もこの方の作曲なのか。CMとかも色々。気がつかないだけで小杉保夫さん作曲の曲を何回も聴いたことがあるわけですね。ただの凄い人でした。

小杉保夫 - Wikipedia
小杉保夫 | CM WORKS | THIRTIETH CO., LTD.

・・・



 で、『第三の眼』で調べたら元中2病患者さんが今もベッドの中でもだえ苦しめられている「おもしろ失敗談」のまとめサイトでも出てくるかなと思ったら、第三の眼の開き方を教えてくれるページを見つけました。

第三の眼[thirdeye]
第三の眼[実践法]
 第三の眼があればどこにだって行けるらしいので、ここまできたら開眼させてみようかなと思うくらいなんですが(芸能人のセックスとか見たいよね)、今の自分には高度すぎるので今はまだやめておきます。
 あとNikonのページにも第三の眼がどうしたこうしたってのあった。ほかにもNikonのサイトは面白そうなこと載せているので、後で読んでみることにしまーす。

Nikon | Feelニコン
Nikon | 光と人の物語 | 第3の眼の進化

 ということで「観葉植物の育て方を調べていたらプリキュアを経由して第3の眼の開き方を調べていた」までをクリスマスにお送りしました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。