--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/15

いつ衣替えをすればいいのだろう。

オシャレタレント千秋に学ぶ、R35のNGファッション : サイゾーウーマン

オシャレかどうかは別にして、年齢にあった服えらびは難しい。どこでスイッチすればいいのか。雨の降りはじめはいつ傘をさせばいい?雨がやんできたらいつ傘を閉じればいい?そんなの自分の好きなタイミングでやればいい。その「好き」が自分でわからないから迷ってしまう。楽だからといっていつまでもスニーカーではいられない。ブーツの方がいいときもある。革靴を履かなくてはいけないときもある。スーツにスニーカーを履いている男性をみかけることがあるが、彼らはきまって1980円くらいの安物のスニーカーを履いている。なんでだ。「オシャレは足元から」という言葉をあそこまで意識させてくれる存在はそういない。オシャレとかって問題じゃない気もする。どんな安物でもいいからスーツには革靴を履いてほしい。ながい髪をうしろでしばってデニムを履いているような、たとえばマイク真木のようなオッサンに憧れはするものの、あのタイプの服装はいつからはじめればいいの?そしていつペンションをはじめればいい?サーフィンはどのタイミングで?ヒゲを生やす時期は?そんなことを思いながらファッション誌を見ればなにかの間違いみたいな値段の服をきている180cm以上はあるだろう白人モデルが遠い目をしているのでこちらも遠い目になる。もうユニクロと無印だけで暮らそうと思ってしまう。思ってしまうというか、俺はすでにほとんどそうなっている気もする。今のファッション誌はターゲットの年代を絞りすぎているんじゃないか。もう10代から40代くらいまでの(無難な)ファッションを一冊でカバーしてしまえばいいのに。もうあるのかもしれないけど。

はやく起きた朝は… - フジテレビ

ところで、この番組を見かけるたびに森尾由美さんの年齢と服装ばかりが気になってしまう。ホントにはやく起きた日曜の朝は「今日もフワフワした服を着てるかな?あ、やっぱり今日もフワフワした服を着ているな」と確認だけして他の番組を見る。俺にとって森尾由美さんの服装チェックをするためだけに存在する番組だ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。