--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/11

宇多田風吊り上げアイメイクは流行るのかもしれない。

utada_make.jpg整形してましぇん|U3MUSIC INC
 宇多田ヒカルさんに目元の整形疑惑が沸き起こっていたのですが、どうやら整形ではなかったようです。左目の調子がおかしいと言っていたのでそれをごまかすためなのか、ただの気まぐれなのかは知らないけれど、以前までしていたアイメイクを変えたら思った以上に印象が変わってみんなびっくらブッこいたという程度のことなのでしょう(たぶん)。

 私は彼女の画像だけ見ましたが、大昔の先鋭的欧米人が考案したのであろう「机上で考えられたオリエンタルビューティー」に対する異様なまでの価値観の違いを感じていました。アジアであってアジアではないけれど、それはたしかに紛れもなくアジアであるという不思議な印象。外から帰ってきたらうがいと手洗いをする行為を神社での参拝方法との共通点から宗教的な儀式であると説明されているような、まるで脳みそを素手でなでつけられた気分になる印象のメイクでした。

 そうなると女性のメイクは私たち男性が考えているよりも顔の造形そのものの印象を変えてしまう所にまでに達しているようです(あれは宇多田ヒカルさんの影武者であるという説はここではありえない事とします)っていうかあのメイクは海外向けになんかやってた途中だったのかしら。アジアの歌姫ってのを海外に向かって印象付けさせるために、違うか。今思ったけど、なんとなくチャットモンチーのベースの人に似てんな。

 ありえないくらい目の上に黒い何かをベタベタに塗ることでパッチリ二重に見せている、よく見たらあなた一重ですよね?無理して二重に見せてますよね?っていうメイクの女性を見ないわけでもないので、私はよく知らないけれどそういうメイクテクニックがあるんだな、女性のパッチリ二重への願望ってのは思っている以上にスゴイんだな、そこまでいくとちょっとした強迫観念だね、と感じることがあるので女性の化粧はとんでもない世界なんだろうとは思っていましたが、あそこまでイメージが変わると驚いてしまいます。

 あのアイメイクもあれはあれで面白いとは思うんですけどね。元々がバチクリ二重の人はつり上がってソリッドな一重がカッコよく見えて憧れたりするものだし。今まで女性雑誌なんかではパッチリとした目に見せるアイメイクばかりという印象があったけれど、新しいアイメイクの価値観としてあの吊り上げアイメイクは二重の人に流行るのかもしれない。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。