--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/27

『あたし彼女』を途中まで読んだ感想。

第3回日本ケータイ小説大賞:あたし彼女

 なんだかピカソみたいだ。

 この作者のkikiって方は普通の文体で小説を書こうと思えば書けるだろうな。でもケータイで読まれることを意識してあえてあの文体で勝負した。そして大賞を受賞した。賛否両論が出ていることはkikiさんとしては「してやったり」だろうな。


参考リンク:
読まずに舐めるな! - タケルンバ卿日記
毎日新聞の本と雑誌: 瀬戸内寂聴×藤原新也 対談
ケータイ小説野いちご/あしたの虹(ぱーぷる/著)

9/28 訂正:
タイトルが『わたし彼女』になってたので、『あたし彼女』に直した。大した問題じゃないと思いきや、ニュアンスとして重要だ、これは。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。