--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/13

オルタナティヴ・ロックバンド 10選

 「俺の好きなオルタナバンド 10組」を挙げようと思ったらなんか王道っぽいチョイスになったので、いっそのことそういうことにしてみた。それはオルタナじゃないだろとか、それグランジだよとか面倒なので気にしない。


◆KORN
YouTube - KoRn - A.D.I.D.A.S.
時代を飲み込んだインパクト。コーン、リンプ、レイジなんて時代が懐かしい。

◆RAGE AGAINST THE MACHINE
YouTube - rage agianst the machine- guerilla radio
で、レイジ。ロックバンドとは政治と宗教だ。ところで、彼らの出す音の要ってのはザックやトム・モレロじゃなくてティムだと思う。

◆DEFTONES
YouTube - Deftones - Change
どうせならこれも。腰履きチノパン。3rdの奇跡。最近はチノ(ヴォーカル)の太り方が尋常じゃないのでファンに体の心配をされている。

◆NINE INCH NAILS
YouTube - Nine Inch Nails -Survivalism
俺はフラジャイルがいまだにオールタイムベスト。最近はやたら無料ダウンロードさせてくれることが多くてファンにお金の心配をされている。

◆The Smashing Pumpkins
YouTube - Smashing Pumpkins- Perfect
俺は今頃になってやっと聴けるようになったんです。前はビリーのガマガエル声が苦手で苦手でしょうがなかった。

◆PEARL JAM
YouTube - Pearl Jam - Betterman
やっぱりなんだかんだで初期だと思う。アリチェンかサウンドガーデンで迷った。ニルバーナじゃない理由は俺が好きじゃないから。

◆CREED
YouTube - Creed - My Sacrifice
オルタナっていうか、なんていうか代表として。このバンドは色々とあったけど、そういうのも別にいいと思う。ロックは政治と宗教だから。

◆MOGWAI
YouTube - Mogwai - Helicon 1
オルタナっていうかポストロックなのかな。これからの季節ならね、ちょっとひんやりする深夜に散歩でもしながらiPodとかで聴くといい感じになる。

◆My Bloody Valentine
YouTube - My Bloody Valentine - Soon
なんだかんだいってラブレス。とにかくラブレス。最近はやっとライヴ活動してくれるようになったけど、新作が出るなんて期待はしないようにしてる。

◆RED HOT CHILI PEPPERS
YouTube - Red Hot Chili Peppers - Right on Time
さすがにここは入れておかないといけない気がしたので。



 これだけ聴けば90年代~00年代前半のロックバンドがわかる(わけがない)。異論だらけのチョイスだってのは認める。
 あのニルバァーナをそんなに好きじゃないって理由で入れないのはどうかと思う。レディオヘッドが入ってないのもおかしい。ベックもウィーザーもいない。
 クリードを無理やり入れてしまったからニッケルバックとか3ドアーズダウンとかどうしようと思ったけど入れなかった。
 もうオフスプとグリーンデイも入れてよかったのかも。アラニス・モリセットでさえもここに入れていい気がするし。もうなんでもいい。

コメント

非公開コメント

No title

オルタナは10進法っていう既存の枠組みになんか収まらねぇんだよぉ!!!

みたいなのもアリかなと思いました。
はちきれて15みたいな。
初体験は17みたいな。

レディオヘッドに触れたのは17歳の時でした。
他のには触れてないです。
あと童貞ですしね。(それは別にええわ。)

No title

オルタナはどこかに「気持ち悪さ」がないといけない。それは女性のようなもので、胸、尻、太ももなどの見た目も触り心地も良い(ポップな)部分をを強調するのか、女性器そのもの(オルタナ)を強調するのかで、そのアーティストが何を表現したいのかを判断できるのです。俺がはじめて女性器に触れたは17歳の頃でした。

No title

なんか例えが面白いですね。面白いなぁ面白いなぁと感じて、何回も読み直しました。
ポップさや気持ち悪さっていうのが肉体のそういう部分とリンクしてる感じという、これはかなりいいヒントもらいました。
何か言うときに使い出すと思います。面白いなぁ。

オルタナについては一向に聴いてないので深い意味は分かりませんが、
「何を表現したいのか」
とか、ちょうどそういうことを思ってたんで、よかったです。
何を表現したくて、そしてどの程度その表現したいことに迫れてて、どれぐらい表現したい位置での完成度持ってるのかみたいな。
いいまとまりできた感じがしました。

ありがとうございました。

No title

オルタナティヴ(代替)はメインストリーム(王道)があってこそはじめて成立するものなのです。王道は誰でも美味しく食べれてみんな好き。オルタナはちょっとクセがあって苦手な人もいるけれど好きな人は好き。女性の体も王道は胸やお尻だと思うのです。女性器に関してはグロいから見たくないという人もいます。しかし本当のメインストリームは女性器にあるではないかと、そんなことを思って書いた気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。