--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/10

俺とヒゲ剃り。

 いままでSchickのヒゲ剃り(きれてなーい)を使っていたのですが、いいかげん古くなったし替え刃もきれてしまったのですね(きれたー)。

 じゃあせっかくだから新しいヒゲ剃りを買ってみようかと思って近くのドラッグストアのヒゲ剃り売り場をのぞいてみたのです。

 もう2枚刃とかあんまり置いてないのね。3枚4枚あたりまえ。5枚刃ってのもある。電池がついててブルブルするやつとかもあった。色んな機能がついてた。

 最近「iPhone」が発売されてからやたらと聞くようになった「携帯のガラパゴス状態やー」みたいな、そういう日本製プロダクトのこざかしさをヒゲ剃りコーナーで感じてた。

 俺が欲しいのは、もっとこう、シンプルで長く使えるようなものがいいんですよ。大雑把にいえば「普通」のやつ。「普通」で「いいやつ」が欲しい。

 いままで使ってたやつの替え刃を買うって選択肢もあったんですけど、こっちは新しいのを買いにきたわけで。新しいのが欲しいなら新しいものを買いたいでしょう。

 だってもうすっかりウキウキしちゃってるんだもん。新しいヒゲ剃りが欲しいのって俺の望みをかなえるためにウキウキ通りをいったりきたりしちゃってる。

 もうこっちはムキになって売り場の中でいちばんシンプルに見えたフェザーのMR3neoってやつを買ってみた。それでも3枚刃でよくわからないローラーがコロコロする。

 理想的ってわけでもなかったんですけど、こう、消去法でいうとこれかなー、みたいな。最近は何かを選ぶって時は消去法でばっかり選んでる気がする。

 で、今は顔中がヒリヒリして困ってる。これは別にMR3neoが悪いわけじゃなくて新しい刃の切れ味が良すぎるのが原因だと思う。前のも新しい刃にした時はこうなったし。

 切れ味がいいってことをすっかり忘れて、切れ味の悪くなってた刃の時のやり方でアゴの下とか剃り残しやすい所をガンガンいっちゃう。で、ヒリヒリしちゃう。

 もうどうせなのでメーカーさんは切れ味を悪くする逆転の発想を持ってほしい。切れ味が悪い新商品が出たら「切れ味が悪い」って文句いうけど。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。