--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/17

冬を全身で感じる方法

 そろそろ凍えるように寒い外の空気から暖房のついた部屋に入った瞬間に皮膚から脳みそへと温度が伝わっていく過程で快楽を楽しめる季節がやってまいりました。

 やり方はまず部屋の暖房をしっかりと入れてから一度外に出ます。やはり薄着の方が素早く身体を冷やせますよ。火事の心配もありますので何かあったらすぐに自宅まで帰れる位置が好ましいですね。もちろん風邪にも気をつけてください。

 そして身体の芯まで冷え切ったところで暑いくらいの部屋へ入ります。部屋を暗くしてベッドに横になり目を閉じ精神を集中します。冷え切って動かなくなった指が痒くなっていく様や、身体を流れる血液が動きまわっていく様子をまさに全身で味わえます。BGMが必要な場合は”SomaFM”のGroove Saladでも聴いてください。Drone Zoneもいいかもしれません。

 三田さんちのセカンド男はどうしてこの快楽で満足できなかったのでしょうか。地下室がどんな温度だったのか気になります。たぶん、親子の関係と同じくらい冷え切った温度だったんじゃないかな。笑う所です。

・スリー田さんと呼ばない理由は三田村さんをサンダーソンと呼ぶ響きにどうあがいても勝てないからです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。