--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/17

「進撃の巨人」を読んだ。

2013年8月現在、発行されている所まで(1巻から11巻)。
マンガ喫茶でドリンクをガバガバ飲みながらざーっと読んだ。フライドポテトも食べた。

ちなみに個室の向かい側にいたおっさんのいびきが半端なかったので何巻か集中して読めてない。いびきって最初は「うるさいなぁ」と思うんだけどだんだん「大丈夫かな?」と心配になる。身体のどこか調子わるいと思う。あれだけ大声を出していて起きないのがすごい。店員さんが注意しにきて小さな「コンコンッ」ってノックで「はいっ」って起きた。なんでだ、すごい。

前知識ほぼ無しで(巨人と戦うってくらいは知ってた)。絵がうまいんだかへたなんだか素人には判断がつかない。これがヘタウマってやつなのだろうか。これがなければコンビニコミックとかでなんともいえない心霊ホラーものとか描いてそう。深夜、部屋の天井をみると女が!ギャー!みたいな話の似合う絵柄。

巨人の設定そのものはゾンビとかの亜種っぽい。巨大なゾンビを倒す集団スパイダーマン。映画化するならハリウッドじゃないとダメだと思う。撮り方のノウハウがあるのはハリウッドだけだろうし。(追記:日本でやるらしい)

巨人に食われる兵士が「ぐああああ」って声出してて、すごい臨場感だった。おっさんのいびきだったけど。迫力があった。これから読む人はあのおっさんありきじゃないとつまらないかもしれない。

設定をガッチリ決めてるみたいだからダラダラ長引くことはなさそう。ヨーロッパ風の街並みで刈り上げツーブロックの髪型が多いからドイツの話っぽく見える。人間を巨人にする研究・実験施設がどこかにあるはず。エレンの家の地下?とか、そういうのをみんなでああでもないこうでもないと言ってるのが楽しい漫画。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。