--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/14

橋下大阪市長の発言を限界まで好意的に受け取ってみる。

「もっと風俗活用を」と橋下氏 凍り付く沖縄の米軍司令官(1/2ページ) - MSN産経west
朝日新聞デジタル:慰安婦問題、風俗業をめぐる橋下氏の発言要旨 - 政治
維新・橋下氏、従軍慰安婦「当時は必要だった」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 沖縄米軍に関しては笑える。そこの部分を要約すれば「男の股間をしごくプロのいる店があるから素人相手に事件起こすくらいならそっちを使って」ってことなんだろうけど、すごい。言いたいことはわかるけど最悪でも公の場でそれを真剣に言ったのだとしたらダメだと思う。

 下品なジョークとしてなら(面白いかどうか置いておいて)いいのかなとは思うけど。もしかしたら相手はアメリカ人だしウケそうだと思ってアメリカンジョークにチャレンジしたらめっちゃくちゃすべったってだけなのかもしれない。あの発言をどういう感じで言ったのかわからないけれど、とりあえず身振り手振りを大きくしながらオチを言ったあとに柳葉敏郎のモノマネしてるみたいな顔をすればよかったんじゃないかと思う。

 「今の感覚ではダメだけど当時の感覚ではそういうのはあるよね」って言いたかったんだろうってこともなんとなくわかったけど、結局は今の感覚と当時の感覚をごっちゃにしている(気がする。というか当時でもダメだったと思うけど)。

 女は学校なんか行かずに家で炊事洗濯だけしてればいいのが当然で、黒人は文字が読めないし野蛮だから差別されて当然で、ユダヤ人は卑しい民族だから殺されて当然で、中国・朝鮮・東南アジアは日本よりも劣っていて当然で、アメリカは日本に核爆弾を落として当然、っていうのが少なからず当時の人たちが共有していた感覚だったのかなとも思うとちょっとすごい。


とりあえず結論:アメリカンジョークですべった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。