--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/07

なぜ「松本人志のコントMHK」は面白くないのか。

「松本人志のコントMHK」に批判殺到 : 芸スポ裏ジャーナル

とかいって、数回見ただけだけですけどね。でも数回見ただけでわかった。あの番組が不評な理由。みんな笑おうと思って見てるからだと思う。基本的に松本人志さんの作るコントでゲラゲラ笑えるものは少ない。違和感や気持ち悪さ、後味が悪いみたいなタイプのコントが多いので。

笑おうと思って見ると肩透かしをくらう。物事がうまく進まない、自分の思い通りにならない、そんな時に似たストレスを感じるので「不評」になってしまうのだと思う。俺も疲れてる時に「松本人志のコントを連続して見られるよ」と言われてもノーセンキューだったりする。

「ごっつええ感じ」のコントを面白く感じた理由は、東野さんのチリチリ天然パーマに熱々のあんかけぶっかけて「かた焼きそば」を作ろうみたいな、モラルぎりぎりのどうしようもなくくっだらねぇ企画を見たあとに、まるで「箸休め」みたいに「トカゲのおっさん」などの「なんか気持ち悪くて居心地の悪いコント」を見ていたからだと思う。

あの番組にはそういうギャップが必要だったんだと思う、俺は。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。