--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/08

「韓国バッシング」で「ネット住民バッシング」をしたいフジテレビ陰謀説

お台場騒然、「韓流やめろ」コール フジ批判デモに多数参加 (1/2) : J-CASTニュース

2011年8月7日の昼すぎ。日曜日とあって子ども連れやカップルでにぎわう東京・お台場のフジテレビ周辺に突然、プラカードや日の丸を掲げた集団が現われ、騒然となった。彼らは、2ちゃんねるやツイッターなどの呼びかけを通じて集まった人々で、フジテレビの韓流偏重に抗議するのが目的だ。主催者発表によると、参加者は2500人。フジテレビの周囲で響く「韓流やめろ」の叫びは約1時間に渡って続いた。


・フジテレビ(特にドラマなど)で「インターネット」が出てくると、たいていは「悪しきもの」「役に立たないもの」として描かれている気がする。フジテレビ(あるいはフジテレビの一部)は昔からネットが大嫌いなんだと思う。明らかにネットを「テレビの敵」とみなしている。

・ネット界では「韓国」に対するイメージがすこぶる悪い。ネットで何かしら「調べもの」をしようと検索しているだけで、韓国の悪いウワサにいつの間にか詳しくなっている。サブリミナルのように(実際のサブリミナルは違うだろうけれど、)そんなコピペがCMのように現れてくる。

・・・

・この「フジテレビの韓国押し」はネット住民をフジテレビから遠ざけるためには何だってするという意思表示なんじゃないか、と思えてくる。「ネット住民の意見に反するものだったら何だってやってやる!」とフジテレビは意地になっているのではないか。

・「フジテレビを見るな」とか「スポンサー会社の不買運動」とか、そんな情報に触れるのは基本ネットをやっている人くらい。安価で手軽に視聴率が稼げて、韓国側からお金ももらえて、ネット住民も遠ざけられる。一石三鳥の韓流ブーム。

・・・

・そしてK-POPをゴリ押ししたり、スポーツ中継では日本選手より韓国選手の扱いをよくしたり、「君が代」を間引いて放送したり、そんな韓国のご機嫌をとるような放送でネット住民をいら立たせることにも成功。

・そして韓国バッシングを引き起こし「何かしらの事件」が起こってしまった瞬間、「ほら見ろ!ネットをやっているようなヤツらはみんな暴力的で差別主義者だ!」と世間に思わせたいため、その時を虎視眈々と狙うフジテレビ。


・そんなフジテレビのとんでも陰謀説を思いついたのでここにメモ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。