--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/08

暴力的なゲームは確実に脳に影響する。あと志村けんさんがスイカを食べるのも確実に脳に影響する。そのうえ初音ミクすらも影響するけど、マリオはなぜか影響しない。


・・・

上の記事、おれ英語あんまり出来ないのでグーグル翻訳つかいながら読みました。『暴力的なゲームは裁判では関係ないってことになったけど、実際に暴力的なゲームをやると現実の暴力にたいして感覚がマヒしちゃうんですよねー。まあ、あんまり関係はないとおもいますけどねー。でもそういうゲームを子どもにやらせてる親はどうかと思いますよねー』ってことぐらいはわかった(ぜんぜん違ってたらごめん。よし、じゃあ文句はグーグル翻訳に言おうじゃないか)。

暴力的なゲームが脳に悪影響を与えるかどうかってのはいつも論争になるし、もうどうでもいいよってくらいに語られつくされた気もしますけど、じゃあ逆に平和的なゲームばかり人にやらせると脳は平和にたいしてマヒしてしまうののだろうか。それってけっこう知りたくないですか?

あ、フジテレビにタカアンドトシさんが司会やってる「ほこ×たて」って番組があるけど、それでやらないかな。絶対やらないな。番組の企画とズレてる気がするし。じゃあ、キワッキワのタカアンドトシのネタを考えたので書いておきます。

「おい、このユダヤ野郎をさっさとガス室にいれろ」
「ナチスか」
「おい、この丸太を実験室まで運んでくれ」
「帝国か」
「おい、このイスラム教徒が爆発する前に撃っちまえ」
「欧米か」

ほこ×たて - フジテレビ

・・・

でも、暴力的なゲームをやりまくったら何かしら脳に影響が出るのは確実だと思う。暴力にマヒするどころか、実際にやってみちゃいたくなる人は多少はいるのかもしれない。

なんかこれじゃまるで俺が健全育成条例が大好きで「ゲーム脳」の支持者みたいだ。違うんですよ、なんか、プロレスを観たあとにプロレスごっこをしたくなるみたいな、スイカの志村けん食いを見たらマネをしたくなるみたいな、初音ミクを聴いて「俺も曲を作りたい」って思うみたいな、料理家さんが美味しそうなパスタを作ってたから自分もパスタ作りたくなったとか、そういう感じのこと。

俺がいいたいことは見たもの聴いたものが何であろうが少なからず影響を受けるし、気分次第でマネしたくなったりするよねっていう程度のありきたりな脳の反応であって、それは人として健全なんじゃないかなと思う。でもマリオやっててミドリガメと毒キノコを踏んづけたくなるかっていうと別にならないし、それはそれで不思議なんだけども。

・・・

このブログを読んでいる人は好き嫌いは別にしても「世界最大手のロリコンマンガ・アニメ生産国」であり「10代のカワイイ美少女アイドルグループだらけの国」に生れ落ちてしまった人だと思いますが、最近は「そういうのが極端に好きなオタクは犯罪者予備軍である」っていう偏った考えは表面的にはかなり減ってきてるような気がする。

どっちかっていうと「そういうグッズに仕事で稼いだお金をいっぱい使ってくれる愛にあふれるがんばりやさん」っていうイメージが強くなってきた。それがいいのかわるいのかは知らない。でも、価値観ってどんどん変わっていきますよね。まあ、これはこれで別の話だろうけれど。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。