--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/21

3.11以降「ありがちなJ-POPの歌詞」が機能している。

 ブログ記事もそうだし、歌とかでもいいし、うーんと、もう、あらゆる「創作物」に対していえると思うけれど、3.11以前のものと以降のものだと、圧倒的に3.11を経たものにしか価値がないと感じてしまう。たとえば「お笑い」のネタとかでさえ「あえて今やっている意味」が隠し味として入るので価値があるように感じる。

 3.11以前の創作物に意味がないとは言わないけど、かなり価値が薄くなってしまった。あの日以前の創作物に触れても、得られるものは少ないだろうと思う。あの瞬間を経ていないもの意味はうすくなってしまった。童貞がセックスのテクニックを語っている、みたいな、いや、これは違うな、全然ちがうわ。完全に間違った。

 えーと、俺たち(3.11以降の日本)の抱えているものを、お前たち(3.11以前の日本)には理解できないだろう、そういう思いが確実にある。賞味期限切れ、腐っているわけじゃないから食べれないことはないけど、無理に食べるものでもない、みたいな。あれ、これも違うか・・・?

・・・

 そういえば、アメリカのロック好きとして9.11の時も似たようなことを思った。9.11以前は「今の生活なんてくだらない、俺ももうどうしようもない、全部がひどいもんだ、ビールとコカインもってこい。ああ、あの女とファックしてみたい」みたいな歌詞は多かったし、そういう流行もあったと思う。

 だけど、9.11以降はそんな歌詞の意味が薄れて聞こえただろうし、日本にいた俺でさえ9.11以前の歌詞は無意味に聴こえた。

 J-POPも似たように「無意味に聴こえる歌詞」があったと思うのだけれど、ただアメリカとは逆で、意外と今の方が「意味ありげに読める」という不思議な状況になっている。どういうことなのかというと、こういうことだ。

J-POPジェネレータ

作詞:○○ ○○
作曲:○○ ○○

会いたいよ 忘れられなくて 私のこの想い
つないだ手離さないで せつないよ
君と出会えた奇跡 胸が痛いよ
離れていても心は傍にいるよ
大切なことを教えてくれた君
君がいれば他に何もいらない


思い浮かべる 桜舞い散る夜に
傍にいるよ 会いたい会えない とまらないこの気持ち
願うたび 変わらない 今すぐ君に会いたい
会いたいけど会えなくて 夢でなら会えるのかな


~ 間奏 27秒 ~


君に会いたいよ この気持ちに理由なんか無い
会いたい いまどこにいるの? 瞳を閉じると君がいる
いつまでも 今度いつ会えるかな
もしも翼があったなら 胸が苦しくなる
何かを探して 会えますように
声を聞かせて 会えない夜が辛い


素直になりたい 「好きだよ」って言ってもいい?
ずっと傍にいて 君の笑顔が見たいから
会いたくて会いたくて ずっと一緒に歩いていたい
どこにいても君を探してる 心震える


君からもらったかけがえの無いモノ
私だけを見て欲しい どんな時でも君を守るから


~ 間奏 27秒 ~


思い浮かべる 桜舞い散る夜に
傍にいるよ 会いたい会えない とまらないこの気持ち
願うたび 変わらない 今すぐ君に会いたい
会いたいけど会えなくて 夢でなら会えるのかな


 何度ページを更新しても似たような歌詞なので、べつに引用して載せる必要ないかもしれない。

この歌詞「風」のものでいえば、「会いたい人」は津波で流されてしまった恋人や家族だと仮定すると、かなり切なくて重みのある悲しい歌詞に思えてくる。気を抜くと泣いてしまいそうだ。

 J-POPの歌詞とは何か?その結論は「何か大きな災害が起こると歌詞が機能してしまうもの」かもしれない。それはそれでイヤだけれど。

 誰か「日本では昔から災害がくり返し起こるので、流行歌にもその影響が出ている」とかもっともらしい理由をつけてどこかちゃんとしたところに発表するといいと思う。


 ※個人に起きた災害としての「失恋」を描いた歌詞が、国や地域に起きた本物の「災害」とリンクしてしまうことは9.11の時にもあった。代表としてはNICKELBACKの人気を押し上げた出世作[YouTube - Nickelback - How You Remind Me]もそれがきっかけだったと思うし、探してみるとけっこうあるのかもしれない。

 今のところJ-POPの中で失恋歌が別の意味をもたされ人気になっている、みたいなことが起こっているようには思えない。いまはみんな悲しい歌は聴きたくないからかもしれないし、単純にそういう曲のリリース時期とタイミングが合わなかっただけかもしれない。まあ、あんまりそういうことで人気が出ても考えてしまうし、それはそれでいいのかもしれない。


※6/21:追記。あと、記事全体の細かい部分を書き直した。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。