--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/06

たしかにネットは情報が早いし拡散もするけれど、テレビと比べてみると誰も見てないのかもしれない。

ネットで「保存&拡散」 歯止め効かぬ“増殖” (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000670-san-soci

ユーチューブに最初に映像が投稿されたのは4日夕。6本あったオリジナル映像をパソコンに取り込んだユーザーたちがユーチューブや別の動画共有サイトに投稿したことで、映像のコピーと投稿が繰り返され、オリジナルとまったく同じ映像が拡散。オリジナルの映像は5日午前7時半すぎに削除されたが、コピーの動画は5日夜現在で100本を超え、閲覧回数が60万回を超えた映像もある。


なんかこの尖閣の中国船のあれこれで「なぜあの映像がテレビではなくネットでリークされたのか」とか「テレビの情報価値とは」みたいな議論をテレビで見たんですけれど、ネットは今回みたいに情報が拡散していって、祭りになって収まりがつかなくなるとかいう方向で話が進んでた。

日本の人口が1億3000万人だとして、各家庭にテレビは1台以上あるじゃないですか。ネットの見れる環境はあったりなかったりだと思うんですけど。

テレビで1時間番組の視聴率が1%だったとすると、単純ですけどそれは130万veiwsってことですよね。で、ネットで1時間に130万veiwsするサイトや動画って大ヒットじゃないですか。でも視聴率でいったら1%になっちゃう。

話題になってる尖閣チャイナアタックの映像は元の映像が削除されてるし、そのコピーがかなり拡散してるらしいのでちゃんと確かめようがないんですけど、いま現在だと多くてもひとつ120~130万viewsとかなんですよね。もちろん1時間という制約はなしで。

キリスト教 - Wikipedia

日本国内ではキリスト教の信徒数は約260万人程度であり、神道約1億600万人あるいは仏教約9,200万人という数字に比すと少数派である。


在日韓国・朝鮮人 - Wikipedia

589,239人(2009年)


マイノリティでパっと思い浮かんだのがこのふたつだったんですけど。日本にいる在日韓国人さんが約58万人で、キリスト教徒さんが約260万人ってことは、youtubeの尖閣動画をまともに見た人数は多めに見積もっても、たぶんこれを合わせた数と同じくらいなんじゃないかなと思う。ってことは、ほとんど大多数の人は見てないってことじゃないですか。

でも今や日本に住んでる半数以上の人は中国船がガツーンとぶつかってくる所の映像を見ちゃってると思うんですよ。じゃあ何で見たのかといえば、ほとんどの人はテレビで見たわけで。やっぱりテレビの影響力って馬鹿みたいにデカいんだな、って改めて思った。

俺のこのブログ見てる人のマイノリティっぷりときたらすごいもんがある。ありがとうございます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。