--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/25

日清カップヌードルGLAY替え歌CM

GLAYがカップヌードルCMであの名曲を“替え歌”熱唱 (ナタリー) - livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4964661/

明日8月25日より放送される日清カップヌードルCM「この味は、世界にひとつ。」第3弾に、GLAYが出演する。

このCMには1997年にリリースされた彼らの大ヒット曲「HOWEVER」を採用。この曲が、ひとつの時代を象徴する楽曲であること、またGLAYの面々が意外なユーモアセンスの持ち主であることが、今回の起用につながった。

CMはリリース当時のビデオクリップの映像に合わせ、TERU(Vo)が「あなたは夜中、腹が減ることないですか?」と情熱的に歌い上げる衝撃の内容となっている。25日からのオンエア開始を前に動画サイトGyaO!ではCM映像を先行公開しているので、まずはこちらでチェックしてみよう。

最近の日清カップヌードルのCMは、俺たちの心にこびりついている何かを剥ぎ取ろうとしてくる。あのCMはいつレッドカードが出てもおかしくないほど反則ギリギリの凶悪なプレイをしている。
MISIAさんの「湯いれてCM」もギョッとさせるものがあったし、本人が歌っているのかどうか知らないけれどジャミロクワイさんの「他のじゃヤよCM」も世界中が不況なんだなと実感させてくれた。

このCMに起用されるミュージシャンは、ある時期までブームを作るほどの人気だったけれど最近はあまり目立っていない人たちをあえて狙っているのは明白だ。
このCMが再生工場として機能すればいいが、正直プライドを売り渡したようにも見えるので人気が再燃するかどうかは怪しい。

このカップヌードルの替歌CMシリーズは「お前らの貯金もそろそろ底をつくだろうから、カップヌードルでも食べてこの不況を乗り越えろ」というメッセージなのだろうか。
俺はMISIAさんやジャミロクワイさんが特別大好きだったわけではないが、子供の頃に見ていた清純派アイドルが週刊誌の袋とじで薄暗い和室の中、何ともいえないヘアヌードを披露しているような気分にはなった。

俺はまだGLAYさんの「夜中に腹が減るCM」を見れていない。けれど、きっと子供の頃に住んでいた家が来年にはダムの底に沈むと聞かされたような思いをさせてくれるに違いない思う。
「最後のNoodleはしょう油のflavorがした」とかで宇多田ヒカルさんあたりにも交渉している気がする。そして「別に落ちてない」とハッキリと断られているような気もする。

ただ、時代を象徴していたような大物達を連発することでこのCMが大成功ということになると、エイベックスさん、というか小室さん。チャンスですよ、がんばってください。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。