--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/23

疑惑のある男性(42)の結婚について。

織田裕二が電撃婚!12歳年下新婦とハネムーン中(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【2ch】ニュー速クオリティ:織田裕二(42)が一般女性(30)と結婚

男性の寿命が80歳だと想定して「40歳」は人生の折り返し地点である。それを過ぎても結婚していないとすれば、その男性はヘテロセクシャルであったとしても同性愛者だと思われる。異性から見て魅力的であればあるほどその傾向は強まる。

同性愛者が結婚しないことには様々な理由があるだろうが、そのうちひとつはハッキリとしている。薄い紙で作られた分厚い法律がそれを認めないからだ。「結婚しない」のではなく「結婚が不可能」ということになる。

どちらかがどちらかを養子に迎え、夫婦ではなく「親子」になるということで擬似的な「結婚」とする同性カップルもいると聞く。少々きりもみ回転したような「結婚」だが、私はそれを聞いた時「月面宙返り(ムーンサルト)」だと感じた。当事者にしてみれば、そんな華麗なものではないと答えるかもしれないが。

同性愛者ではない男性の場合、「職業・容姿・性格」のうち2つくらいがまともなら大抵の女性はその男性と結婚することを良しとするであろう。今回の議題である男性俳優の場合を考えてみたい。

○「職業:不安定。だが現在トップクラスの俳優であり、今後も安泰といえる」
○「容姿:くっきりとした凛々しい顔立ち。同時に愛嬌さえも感じさせる」
×「性格:何かがやって来るたびに叫ぶ」

「性格」だけが過剰に個性的であるが、女性にとって魅力的であろう要素2つは確実にかねそなえている。ここまで婚期が遅くなった理由はクールな刺激や短距離ランナーなどが来ると叫んでしまう「性癖」のせいだろう。

実のところ、恋人や結婚相手はバーゲンセールの洋服のように早い者勝ちである。その洋服が自分に似合うかどうか深く考えるよりも、さっさとレジに持っていって代金を支払った者がその服の所有者になる。

もちろん洋服が着る者を選ぶ時もあるが、その時はさっさとあきらめて返品してしまえばいい。バーゲン品で返品がきかなければ創意工夫して着るのも悪く無いはずだ。そうすれば皆が「オシャレ」と褒め称えてくれるのである。当事者にしてみれば、そんな華麗なものではないと答えるかもしれないが。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。