2010/10/30

あの娘は俺をルンルン気分でなぎ倒していった

今日のオープニングテーマ
YouTube - 【PV】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]

もしも俺に「あなたはAKB48のことが好きか?」と問われたならば沢尻エリカもビックリするくらいの真顔で「別に」と答えるだろう(いや、実際にそう答えたことがある)。「嫌いか?」といわれれば、嫌いというわけでもない。嫌う理由も特にない。10代の女の子たちが歌ったり踊ったりしているのを嫌う理由がどこにあるのか。俺にとってAKB48は「あまり興味がない」と言うほか無い。コンビニの駄菓子コーナーだ。

AKB48、彼女たちの曲は人の集まる場所に置かれたスピーカーから流れてくる。あらゆる街角で、あらゆるレンタルビデオ店で、あそこの牛丼屋で、どこかのパチンコ屋で。休日出勤の社員のストレスをやわらげるためなのか有線リクエストから社内でかかることもあるだろうし、バイト中の店内用BGMで一日に10回以上聴くはめになっている人もいるだろう。授業中に教師の死角になる側の耳に刺さったイヤフォンからわざわざ聴いている人もいるに違いない。

彼女たちの元気のいい歌声はあらゆる場所でBGMになっている。彼女たちはBGMなのだ。オシャレなバーのジャズ、大きな本屋のクラシック、ドンキホーテの「どんどんどーん。どーんきー。どんきーほうてー」だ。わざわざ気に止める必要もない音楽だ。

その日、俺はレンタルビデオ店にいた。店内にはBGMとしてAKB48の曲が流れ始め、俺は頭の片隅でその事実を確認した。それ以上はそのことを気に止める事もなく、最新作のDVDにするか過去の名作DVDにするかを悩んでいた。その場で俺の抱える問題はそれだけだった。

向こう側の棚に高校生あるいは大人びた中学生くらいの女の子がひとり、ジャージ姿のラフな格好でDVDの棚を眺めていた。失礼な話だが、特に可愛いわけではなかった。しかし彼女はそのBGMに合わせて「あいをんちゅー」と口パクをした。しかも軽く頭を振りリズムまで加えながらだ。誰に見せるためでもなく、DVDの棚を眺めたまま、ただ自分の好きな歌に合わせて口パクしながら頭でリズムをとったのだ。

俺は彼女のその様子を目撃してしまった瞬間、ヒザから崩れ落ちるような衝撃を走らせていた。俺にそう思わせた彼女は勝ったのだ。圧倒的に勝ったのだ。認めなければならない、俺は彼女に負けた。最初から勝ち負けがつくはずもない勝負だったが、彼女は俺を口パクしながらルンルン気分のままなぎ倒していった。恐るべき女だった。それとも恐れるべきはAKB48なのか。ハッキリとはわからない。

俺はその日DVDは何も借りずにひとりで帰ってきた。もう何も見る気が起きなかった。彼女は俺の何かを奪っていったのだ。残念なことに私の横にはそれを指摘してくれる銭形警部はいなかったが、俺はクラリスのことを理解できた。しかし、ひとつわかったことがある。俺たちの街にはリズムが足りない。それは俺たちの街だけではなく、北海道から九州・沖縄までリズムが足りないのだ。俺たちの国にはすべてをなぎ倒してしまうようなリズムが必要だ。


今日のエンディングテーマ
YouTube - Creed - Sister

スポンサーサイト
2010/10/26

スチュワート・ケーブルの死因

Stereophonics : 元ステレオフォニックス、スチュワート・ケーブルの死因が明らかに / BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000065064

警察の発表によると、ケーブルは4日の夜から飲み始め、翌日、ラジオ番組の仕事を終えた後、パブや家で朝まで飲酒。(6日の)昼過ぎに目覚めると、またパブへ戻ったほか、夜中、帰宅してからもさらに飲み続けていたという。警察のスポークスマンは「スチュワートは酩酊していたが、冷蔵庫からウォッカのボトルを出し、さらに飲み始めたようだ」と話している。

ケーブルのガールフレンドは翌朝5時過ぎに、キッチンで嘔吐物にまみれ倒れているケーブルを発見、外に出て助けを求めた。通りかかった車が偶然、ケーブルの従兄弟が運転するもので、彼は救急車が到着する前にケーブルを蘇生させようと試みたもののかなわなかったという。

法医学者は、死因を急性アルコール中毒が原因の、嘔吐物による窒息死と発表した。

まだケーブルの死を受け入れることができないという家族。そして地元の警察も「スチュワートは、この地域で最も有名な人物だったというだけでなく、多くの人から愛されていた。地元の人間は彼を誇りに思っていた」とその死を哀悼した。


俺はステレオフォニックスならファーストアルバムが好きでよく聴いてた。90年代後半に出てきたイギリスのバンドの中で一番好きだった気がする。オアシスやレディオヘッド、ブラーなんかよりは好きだったのは覚えている。セカンドアルバムまでは持っていて、サードアルバムはレンタルで済ませて、実はそれ以降あんまり聴いてない。

それにしても、このケーブルさんの死に方はファーストアルバムの歌詞を寄せ集めたみたいな死に方に思えて仕方がない。ファーストの歌詞はストーリー仕立てになっているものが多くて、その登場人物がやたらとよく死んで、よく酒を飲んでいた。


彼は夜から飲み始めてた
次の日の仕事が終わって また飲んだ
彼が自宅と呼んでいる家に戻ってきて
昼過ぎに目覚めて またパブに帰っていった

ガールフレンドがやってきて
キッチンで嘔吐物にまみれている彼を発見した
彼女は外に出て助けを求め
救急車が到着するまで みんな彼を生き返らせようとした

地元の人間は彼を誇りに思い
まだみんな彼の名前を呼んでいる
今日もパブは開店して
みんな彼の思い出を話しながら
何時間も飲み始める 彼は最後の大酒飲み


合掌。

2010/10/23

龍馬伝 / ウォークマン / ゲイゲイゲイの女房

元AV女優みひろ、NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演!オファーに涙…「諦めないでよかったぁ!」 (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101021-00000001-flix-movi

NHK大河ドラマといえば、1963年から続く日本を代表するドラマシリーズ。それに自分が出演するということに対し、みひろは「過去の前例がないから〇〇はムリということ…。そんな言葉に惑わされないで、まっすぐ進んでいきたいとおもうo(^-^)o」と今後の抱負を語った。大河ドラマに元AV女優が出演するのは異例だが、「龍馬伝」には元AV女優の及川奈央もゲスト出演しており、今後は珍しくなくなるのかもしれない!?

「将来は映画やドラマで活躍する女優になりたいです」と、新人AV女優が時間つぶしのインタビューに答えている姿を見るたびに「それは、もう無理だよ」と先入観で勝手に決めていたことを彼女たちに謝らなくてはいけない。先入観、それは未来を潰す悪魔の目。正統派女優を目指している美しい女性がいっぱいAV女優になりますように。


「カセット」ウォークマン販売終了 30年の歴史に幕  (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000609-san-bus_all

ソニーは22日、カセットテープ対応の携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」の国内販売を終了することを明らかにした。今年4月末の段階で最後の5モデルの出荷をすでに終えており、店頭の在庫が順次なくなり次第、姿を消すことになる。中国メーカーで委託生産している海外向けは販売を続ける。

カセットはアイワのとパナソニックのと、あともう一個くらいどこかのを持ってた。どれも120分カセットに録音した「伊集院光の深夜の馬鹿力」を聴くためだけに持っていた。ホントそのためだけに持っていた。「ハイポジ」の文字を見るたびに「チンポジ」が頭をよぎった。おつかれソニーのウォークマン。


同性愛者と公表、除隊規則を維持…米国防総省 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000014-yom-int

米国防総省は21日、自ら同性愛者と公表した場合には除隊を命じる規則を当面は維持する方針を明らかにした。  同省は、カリフォルニア州の連邦地裁が規則廃止を命じたことを受け、19日には同性愛を公表した者の入隊手続きを始める方針をいったんは示していた。だが、「現場の混乱」に配慮して、当面は規則を維持する方針に戻したという。  上級審ではまだ、問題の規則を巡る論争が続いており、これが決着するまでは同性愛者の軍務は制限される見通しとなった。

あなたも私もゲイゲイゲイ。あいつもこいつもゲイゲイゲイ。みんながみんなゲイゲイゲイ。ゲイの女房はセックスレス。ゲゲゲの女房はゲイじゃない。松下奈緒はゲイじゃない。向井理はゲイっぽい。ゲイっぽいけどゲイじゃない。だけどゲイでも驚かない。たぶん誰も驚かない。

2010/10/21

『雷桜』観ていない映画の感想



物語の核心には触れずに「面白そう、観たい」と思わせ、人のサイフから1000円~1800円を抜き取り、しかも2時間近く薄暗い映画館の中に拘束する。映画の広告やキャッチコピーを考えるのは大変だろうと思います。
どこかで観た事があるような無難なキャッチコピーではなく、新しくて効果的な表現方法を考えようなんて事になったらもう脳みそが爆発してもおかしくありません。

雷桜 http://raiou.jp/index.html

この公式サイトを見ると、いきなり「このふたり最後は死にますよ」という文章が飛びこんできます。実際には「日本版ロミオとジュリエット」と、ふんわりとした感触で書いてあるわけですが、ひどいネタバレです。
これは「あえてそう書いた」のか「気がついたらこう書いていた」のかでだいぶ違ってくると思うのですが、ロミオとジュリエットだもの、あえて書いたに決まっています。気がついたら書いていたのなら、たぶんコピーライターさんの頭は爆風で吹き飛んだのでしょう。

大いなる古典、ロミオとジュリエットの日本版。クラシック音楽を指揮者で聴いたりジャズを演奏者で聴くように、映画はもう出演者が誰なのか、監督が誰なのかだけで観ろということなのでしょう。「ストーリー?どれもみんな同じだよ」という、自分ひとりではどうする事も出来ない圧倒的な何かさえ感じます。

俺はこの原作を読んでないので最後までふたりがピンピンしているという可能性もあります。それで俺がこの映画を観たら「和風ロミオとジュリエットだって聞いてたのにコイツら死なねぇのかよ」という下品な感想をもってしまうかもしれません。あと、なんていうか、俺はこの映画のターゲット層からも思いっきり外れてると思うので、たぶん観ないと思います。「私のおっぱい触っていいから一緒に観に行こうよ」という女性がいたら観ます。ご連絡お待ちしております。
2010/10/15

まやかしの希望・ヘッドライト

絶望 - Wikipedia

社会的地位の喪失、信頼すべき相手(家族や親友など)の喪失・裏切りなどに遭遇し、未来への希望を失ったとき、人は絶望に陥る。 戦争などの極限状態では絶望が起こりやすい。平時でも、強姦や児童虐待、リストラやいじめなど辛い経験に遭遇し、絶望することがある。 絶望している際は、ひどい孤独感、世界から孤立し社会的に見捨てられたような感覚に襲われ、場合によっては自殺を考えるに至る。


人生は「絶望」から救ってくれる「希望」の光から始まります。いつまでこんな所に閉じ込められているのだろうと絶望していると、分娩室の蛍光灯の光がやってきます。

凍えるような雨の夜に迷子になり、二度と家には帰れないのだろうと絶望していると、親の車のヘッドライトがハイビームがやってくる。これはパトカーの場合もありますが。

「絶望」から救ってくれるものはいつも「光」と共にやってきます。眩いばかりの「希望」が大きな光となってこちらに向かってくる。車や電車に飛び込んで自殺してしまう人は何かを勘違いしているんじゃないでしょうか。

人は「死にたい」から自殺するわけではなくて「絶望」から抜けだしたいから「希望」に飛び込む。そして何かを勘違いして「まやかしの希望・ヘッドライト」に飛び込んでしまう。

自殺してしまうほどの「絶望」から「まやかしの希望」に向かって歩みだすと、二度と迷子になることも蛍光灯を見ることもできなくなってしまいます。

希望 - Wikipedia

ギリシャ神話では、人類の最初の女性であるパンドラが好奇心から『パンドラの箱』を開けてしまい、あらゆる悪いものが溢れ出た時に、最後に箱の底に残ったのが「希望」だったとされる(正確には、パンドラの箱に最後に残ったのは「未来を全て分かってしまう災い(前兆)」であり、それが解き放たれなかったことから、『希望が残った』としばしば表現される)。また、「希望」はキリスト教における神学的な徳の1つ。他に「信仰」と「愛」がある。


「希望」をうしなった時、まやかしの希望の光に飛び込み命を失うことがあります。「信仰」をうしなった時、まやかしの信仰に飛び込み金銭と信用を失うことがあります。「愛」をうしなった時、涙と声を枯らすことがあります。

どうしてもうしなうならば「愛」がいいとは思いませんか。まやかしの愛もその瞬間は楽しいし、その愛をうしなっても「さびしい」だけで済むのですから。

2010/10/12

戦場カメラマン・渡部陽一さんの話し方は牧師さんみたいだ

渡部陽一 - Wikipedia

俺はどこかの宗教に入っているわけではないし、キリスト教に詳しいわけでもないのだけれど、教会の牧師さん(神父さん?)が説教する時に「イエスは・・・私たちを・・・なんだかんだで・・・アーメン」みたいに言葉をゆっくりと区切りながら話すイメージがあって、たぶんこれは牧師あるあるだと思っている。

戦場カメラマン渡部陽一さんの話し方はまさにそれとそっくりなので何か関係があるのかな?とwikiを見てみたら明治学院大学の出身ということで・・・パズルの・・・ピースが・・・ぴったりと・・・はまったような・・・点と・・・点が・・・線で・・・結ばれた・・・ような・・・気がしました。

もちろんキリスト教の牧師さん全員が同じ話し方で説教をしているわけじゃないだろうけど、そういう話し方になる傾向があるのはたしかだと思う。これはなぜだろう。単純に神学校で「こういう話し方にするといいよ」と教えられるのかもしれない。

そうじゃないとすると、そういう話し方の元になったような説教の達人というか、そういう話し方を流行らせたカリスマ牧師がいるんじゃないかと思う。けれど・・・それが誰なのかは・・・知らない。まさかキリスト?


番組紹介-戦場からこんにちは - ゴー宣ネット道場

2010/10/10

LSD/ONO/HIGASHIO/POTATO/USEN

▼Lucy in the Sky with Diamonds / http://www.youtube.com/watch?v=A7F2X3rSSCU
ビートルズってLSDとかドーピングしながら音楽つくってたわけで、これが今も正式な記録として残っているというのはよく考えると不思議だ。

▼小野 Pacific children
なぜオノヨーコさんはあんなに胸元を強調した服ばかり着ているのか。オノヨーコさんのおっぱいを揉んで「oh, john...」と言ってみたい。

▼Ishida の New wife さん
石田さんと結婚した東尾さん。あの人の顔を見るたび「セックス好きそうだなぁ」と思ってしまう。何で?と問われても「好きそうな目をしている」としか説明できない。

▼Japanese アイダホ Girl / http://www.youtube.com/watch?v=ZY66a5lWT_Y
ポテトチップスのCMに蒼井優さんが起用された理由は「イモだから」であってほしい。「ジャガイモときいてイメージする女優さんは?」で堂々の1位を勝ち取ったからであってほしい。

▼お耳をジャック
どの店に行っても「少女時代」と「KARA」ばかりが聴こえてくる。2000年前後にデビューして、いつの間にかいなくなったようなダンスアイドルグループとの差異があまり見つからないのだけれど、大丈夫なのだろうか。
2010/10/09

ロンロンロンからの、ドン

中国、ノルウェー大使に抗議=ノーベル平和賞めぐり (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101008-00000205-jij-int

【ロンドン時事】ノルウェーからの報道によると、同国外務省は8日、ノーベル平和賞に中国の民主活動家、劉暁波氏が決定したことを受け、中国当局がノルウェーの駐中国大使を呼び出したことを明らかにした。
 同省スポークスマンは「彼ら(中国当局)は意見と異議、そして抗議を正式に伝えたいと望んでいる」と指摘。「われわれは(授与を決定した)ノーベル賞委員会が独立機関であり、(中国とノルウェー)2国間の良好な関係が継続される必要があることを強調した」とも付け加えた。


「ロンロンロン」

「ノー」

「からの、ドン」

「ノー」

「ドンドンドン」

「ウェーウェーウェー」

「ポークマン、ノー」

「伝えたいウェー」

「われわれはたこである」

「ノー(指摘)」

「決定したウェー?」

「ウェー(意見)」

「ウェー必要?」

「われわれは正式にウェー授与を望んでいる」

「ウェー?」

「ウェー」

「ウェーウェーウェー」

「ウェー」

「ドンドンドン」

「ノー」

2010/10/03

タバコ/イケメン/死んでしまう。

◆いつかタバコは富裕層だけが買える「ガハハ・アイテム」になるんじゃないかな、と。メルセデスベンツに金歯、紫色のスーツみたいな。一般人にとってタバコはもう高くて買えないので、みんなお酒を飲むんですよ。みんな居酒屋に行って胃に穴が空くまで飲む。肝臓がガビガビになるまで飲みまくる。

◆すると居酒屋にタバコを安く売ってくれるイケメンおじさんが現れちゃう。そのイケメンおじさんからタバコを買っていると「ついでにこれも吸ってごらん」と大麻を渡される。「大麻も悪くないなぁ」などと思っていると、イケメンおじさんが「こっちの方がもっと刺激があるよ」といってヘロイン・コカイン・覚せい剤などを渡してくる。「こりゃすごいなぁ。もっと欲しいなぁ」となったりする。イケメンおじさんは「ちょっと高いよ」と言う。

◆するとタバコは「麻薬への誘発になる」ということで法律で禁止されてしまう。そうなると日本中の老若男女が真っ昼間から酒ばかり呑むようになる。なぜならお酒は体にいい。そしてパチンコに行く。パチンコはストレス解消になるから。あとはみんなアニメを観る。アニメは日本が世界に誇る文化だから。みんながネットする。テレビは嘘をつくから。あとはみんなでお葬式をする。みんな死んでしまうから。
2010/10/01

[twitterの新デザインについて思うこと]黄金比は素晴らしいけれど美しくはない

Twitterのアートディレクター「新デザインは『黄金比』で造られている」 | DDN JAPAN / (DIGITAL DJ Network) 音楽・映像・アート・8-BIT周辺情報メディア

俺は宇宙を、地球を、世界を創ったのが「神」なのだとは微塵も信じていない。そんな宗教には入っていないし、信仰もしてない。

けれど、もしもこの世界を作り出したのが「神」という「中途半端なセンスの持ち主」が創り出したとしか説明ができないのであれば、「美しい奇跡の瞬間」以外はずーっと「野暮ったさ」を感じている人生に不思議は無い。

「黄金比」を創り出したのも「神」なのだろうから、もちろん「黄金比」も「ダサくて野暮ったい」ということになる。
だから世界中のあらゆるデザイナー、あらゆる政治家が世界をもう少しマシなデザインに作り直そうとする。世界が中途半端だからこそ生まれた職業でもある。

でもちょっと「ダサい」ものは流行りやすい。黄金比で「ダサく」デザインされたものにはどこか人間味を感じ、親しみやすさがにじみ出る。だからデザイナーはうっかり黄金比を使ってデザインしてしまう。

世界中で『なんだか微妙なデザインだな。もうちょっとこうすればもっと良くなるのにな』と感じながら生活している人は多いはずだ。奥さんが旦那さんの出っ張った腹を見てそう思ったり、旦那さんは外で浮気しながらそう思っている。それもすべて「黄金比」のせいだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。