2012/01/03

リンプビズキットが契約を切られたらしいので、ちょっと俺なりに当時の事を振り返ってみる。

あ、そういえば明けましておめでとう。なんか今年は311を引きずっているのか、例年にもましていまいち正月っぽくない(あんまりおめでたくない感じ)。

リンプ・ビズキット、契約を切られる|路地裏音楽戦争
http://blog.livedoor.jp/music_war/archives/1210459.html

で、1ヶ月くらい前の話題ではあるけれど、リンプ契約切られてた。せつないなぁ。

ちょっと前に「リンプ完全復活」みたいな感じで、ロックフェスの演奏がyoutubeに上がってたので見てみたら、なんかフレッドダーストのやんちゃオーラ、俺様オーラがなくなってて、しかもやつれてるんだか何だかしらないけど(頭のサイズが小さくなったんだか)ヤンキースのキャップがぶかぶかで、こりゃ見てるだけでせつなくなってくるので見るのを止めた。

90年代初頭、ニルヴァーナやパールジャムあたりのおかげでいわゆる「80'sメタル」なバンドは死んでしまったらしい。殺された、とどめを刺されたともいうのかもしれない。サウンドガーデン、アリスインチェインズ、スマッシングパンプキンズという武将達。オフスプリング、グリーンデイあたりもその軍勢に入るだろうか。その後90年代のアメリカロックはニューメタルという名の「自虐ネタの時代」に入る。

コーン、デフトーンズ、レイジアゲインストザマシーン、システムオブアダウン、リンキンパーク、スリップノット、マリリンマンソンなどなど。

いかに自分がクソなのか、どうしようもないダメなヤツなのかをみんなで競ってた。自分が悪いのか、誰かが悪いのか、時代が悪いのか、アメリカが悪いのか、とにかくみんな叫んでた。もし子供の頃に親や兄弟に虐待されたり、親が離婚して親戚をたらいまわしにされていたらそいつの勝ちだった。俺の不幸自慢を聞いてくれ、俺の独白を聞いてくれ、俺はこんなに狂ってる。それが90年代当時のアメリカでは最新流行だった。

リンプはその流行に乗った。とにかく時代に乗りまくった。乗れるものには全部乗っただろう。そしてスター街道を登りまくった。おっぱいもみ揉み放題タイムの到来。周りのマジメなロックバンドから嫌われまくったが、そんなことを気にしてるヒマなんてなかった。彼はスター街道を走り続けた。

そしてアメリカは2001年9月11日を迎える。遠く離れた日本からでも、その日を境にアメリカの流れが変わったことは手に取るようにわかった。自分がいかに不幸か、壊れているか、傷ついているか、そんな個人的な恨み言を面白おかしく叫んでいる場合ではなくってしまった。勇敢に戦い文字通り血だらけになって帰ってくる母国の兵士たちを前に、いち個人の週刊誌ネタで盛り上がっている余裕はなくなった。

不真面目キングのリンプビズキット、というかフレッドダーストもなんとかそんな時代に乗ろうとはするが、もう何を言ってもうすら寒いだけだった。もう誰も彼に振り向かなくなっていた。

まるで何かのおとぎ話のようだ。


Limp Bizkit - Gold Cobra
http://www.youtube.com/watch?v=_i_qxQztHRI

スポンサーサイト
2011/07/24

エイミー・ワインハウス 享年27歳


ハッキリ言って俺は「リハブ」くらいしか聴いたことがない。

海外ゴシップ誌では常連だったらしいけれど、それ系のゴシップ情報をかき集めているわけでもないのでエイミー・ワインハウスさんという歌手に対して「一発屋」という印象すらあった。

それでもその歌声はあまりにカッコよかったし、どうせあと2~3発は当てるんだろうと思っていた。

最初に「なんだこの女?大丈夫か?」と思わせて歌いだすと「うわぁ、すげぇ」と思わせる女性シンガーというと日本ではcoccoさんあたりだろうか。

2010/10/26

スチュワート・ケーブルの死因

Stereophonics : 元ステレオフォニックス、スチュワート・ケーブルの死因が明らかに / BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000065064

警察の発表によると、ケーブルは4日の夜から飲み始め、翌日、ラジオ番組の仕事を終えた後、パブや家で朝まで飲酒。(6日の)昼過ぎに目覚めると、またパブへ戻ったほか、夜中、帰宅してからもさらに飲み続けていたという。警察のスポークスマンは「スチュワートは酩酊していたが、冷蔵庫からウォッカのボトルを出し、さらに飲み始めたようだ」と話している。

ケーブルのガールフレンドは翌朝5時過ぎに、キッチンで嘔吐物にまみれ倒れているケーブルを発見、外に出て助けを求めた。通りかかった車が偶然、ケーブルの従兄弟が運転するもので、彼は救急車が到着する前にケーブルを蘇生させようと試みたもののかなわなかったという。

法医学者は、死因を急性アルコール中毒が原因の、嘔吐物による窒息死と発表した。

まだケーブルの死を受け入れることができないという家族。そして地元の警察も「スチュワートは、この地域で最も有名な人物だったというだけでなく、多くの人から愛されていた。地元の人間は彼を誇りに思っていた」とその死を哀悼した。


俺はステレオフォニックスならファーストアルバムが好きでよく聴いてた。90年代後半に出てきたイギリスのバンドの中で一番好きだった気がする。オアシスやレディオヘッド、ブラーなんかよりは好きだったのは覚えている。セカンドアルバムまでは持っていて、サードアルバムはレンタルで済ませて、実はそれ以降あんまり聴いてない。

それにしても、このケーブルさんの死に方はファーストアルバムの歌詞を寄せ集めたみたいな死に方に思えて仕方がない。ファーストの歌詞はストーリー仕立てになっているものが多くて、その登場人物がやたらとよく死んで、よく酒を飲んでいた。


彼は夜から飲み始めてた
次の日の仕事が終わって また飲んだ
彼が自宅と呼んでいる家に戻ってきて
昼過ぎに目覚めて またパブに帰っていった

ガールフレンドがやってきて
キッチンで嘔吐物にまみれている彼を発見した
彼女は外に出て助けを求め
救急車が到着するまで みんな彼を生き返らせようとした

地元の人間は彼を誇りに思い
まだみんな彼の名前を呼んでいる
今日もパブは開店して
みんな彼の思い出を話しながら
何時間も飲み始める 彼は最後の大酒飲み


合掌。

2010/09/20

『10 Years - Shoot It Out』を聴いてプロデューサーとミキサーへ伝えたいことは「お前ら何なんだ」ということ。



この曲がはいっているアルバムのプロデューサーがHoward Benson - Wikipediaなのだけれど、この人の「わかりやすくてカッコイイ曲」を仕上げるセンスたるやエゲツない。まんまと俺も「カッコイイかも」と思ってしまうのだからどうしようもない。オルタナ系のラジオ局でかかってる半分くらいはこの人のプロデュースなんじゃないかと思う。ここは日本なので俺はネットのオルタナ系ラジオ局のストリーム放送を聴くわけだけれど、ほぼすべてのオルタナ系ラジオ局を乗っ取っているとしか思えない。

ミキサーのChris Lord-Alge - Wikipediaって人も現在のアメリカ音楽界を牛耳っているような印象だ。TKサウンド全盛期に日本でも仕事してる。あの当時のTKプロデュースの勢いから考えると、もしかすると俺もまんまと彼にお金を(間接的に)あげた可能性がある。怖い。あの時の金返せ。嘘。返さなくてもいいから1000円くれ。彼のミックスした曲が耳心地よく響いてくるのは彼の音バランスの粒子がいまだに頭にこびりついているからに違いない。彼はホメオパシー療法士に違いない。

それはそうと、こういうTOOLっぽいというかHOOBASTANKっぽいというか、00年代前半くらいにはこういうバキバキドコドコした音のバンドが今よりもいっぱいいたなぁ、もう半分くらい消えたよなぁと懐かしさを感じたり、もしもこのバンドがこの曲を、俺が中学か高校だった頃に出していてくれていたならば、俺はもっと心を躍らせていたのだろうと想像して、少し切ない思いを抱いたりもする。とにかく、がんばれハワードベンソン。稼げハワードベンソン。あと「Chris Lord-Alge」の名前の意味は「キリストの神様」って意味で合ってる?何その名前、すごいね。

2010/05/25

Stone Temple Pilots - Stone Temple Pilots

ついにストーン・テンプル・パイロッツも解散したし、グランジバンドでまともに残ってるのは[パール・ジャム - Wikipedia]くらいだな、などと思っていたらいつの間にかストテンが再結成して新作まで出していた。

CDジャケットのピースサインはどういう意味なのだろう。ウソだよーんという意味だろうか。90年代に活躍したバンドの特徴は解散してもすぐに再結成することだろう。SNSをやめたのにすぐ戻ってきて「出戻りでーす(テヘヘ)」みたいな人のようで何だかありがたみがない。とはいいつつも解散前の最後のアルバムは2001年なのでそれなりに時間は経っている。

フィルター[Filter (band)]の音作りはスゴイと思っていたのでアーミー・オヴ・エニワン[Army of Anyone]の活動にはもうちょっと期待していた俺はどうすればいいのだろう。まあ、別にどうもしないけれど。たしかにいまいちピンとこなかったし。

ストテンのメロディセンスや曲作りのセンスはどこか日本人ぽいと思っている。洋楽とか聴かない人たちにもそれなりに馴染む気がする。しかしこのシングルになっている曲がニルバーナ丸出しなのは大丈夫なのだろうか。引用ということでいいのだろうか。コートニー・ラブが怒ってきそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。